サラリーマンでありながら海外留学を目指す自身の英語勉強の過程を記したブログです。努力と根性の勉強2か月でTOEICスコア530→800超え(830)。働きながら英語(TOEIC/TOEFL)を勉強する方々のお役にたてれば幸いです。なお、記事中の試験に関する情報は、記事の記載日時時点のものとなりますのでご了承ください。


    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。



    ☆☆☆ランキング加盟中☆☆☆
        にほんブログ村 英語ブログへ



    TOEFLスピーキングの6問目は最も難しい問題です。

    やること自体は4問目とほぼ同じです。

    しかしながら、予めTOPICに関連した英文を読むことができません。
    いきなり講義のリスニングが始まってしまい、それに対するスピーキングを行わなければなりません。

    つまり、英文から仕入れたネタから文章が作れないため、4問目の2倍近い量のスピーキング文章をたった20秒間で考えなければなりません。

    これはTOEFLの練習段階にある人間にとって難儀であること極まりありません。


    今回は、正答するのではなく、ダメージを減らす方法について記載させていただきます。


    6問目は、リスニング部分が終わってからでないと、「何について答えるか」が出題されません。
    例えば「The professor explained about two definition of the ~」と言われます。あるものの2つの定義について教授は話していたので、それを説明せよ、という主旨になります。
    つまり、リスニングでのメモのあてが外れると、何も答えられないリスクがあります。

    そこで、初めから完璧な回答は捨て、以下のように定型分を作っておき、時間いっぱい答えてしまうという荒い技もあります。以下はあくまでも一例です。

    This lecture was about(この部分は問題のはじめに言われます).
    The lecturer described about (ここに問題文からの引用を入れます).
    I would like to explain what they were.
    First, the speaker described about (キーとなる単語1).
    Second, she(or he) explained that (キーとなる単語または文章2).
    Finally, the lecturer said about (キーとなる単語3).

    キーとなる単語や文章は、とにかくメモを取りまくり、その中から選んで組み合わせます。
    これだけは練習でできるようにするしかありません。


    以下、楽天市場で取り扱われているTOEFLスピーキング用教材です。
    いろいろな手法があるようですので、どんな手法があるのかをご参照いただければ幸いです。

    【送料無料】TOEFLテストスピ-キング問題130

    【送料無料】TOEFLテストスピ-キング問題130
    価格:2,310円(税込、送料別)








    ☆☆☆ランキング加盟中☆☆☆
        にほんブログ村 英語ブログへ
    スポンサーサイト



    TOEFLスピーキングは1問目に限ったことではありませんが、発音が重要です。

    採点の優先度は以下の通りです。公式ガイドにも書いてありますし、採点経験者に聞いたことなので確度は高いです。

    ・流暢さ
    ・発音
    ・内容の論理性

    まず、時間いっぱい速い速度で話し続けられることが第一の条件となります。

    大きく間が開いたり、時間が5秒程度残ると大幅減点となります。


    その次に出てくるのが発音です。


    発音ができていないと、3つめの採点要素である「内容」の議論ができないのです。
    採点者側から見れば、発音がダメだと、何を言っているかがわかりにくく、よってもって内容の正誤の判断が不可能となってしまうのです。
    逆に言えば、多少内容が間違っていても、良い発音で早く時間いっぱい話せていればgoodに近いところまで出せるということになります。


    今日は、電車の中で興味深いことに気がつきましたので、記載させていただきます。

    私は羽田空港に用事があり、モノレールに乗りました。

    羽田空港は国際線が就航するようになったため、車内アナウンスも英語のものも流れます。

    ごく一般的ですが、「次は羽田空港国際線ターミナルです」というアナウンスは英語で以下の通り流れます。

    「The next station is Haneda international terminal」

    このinternationalの発音に注目しました。

    まず「in」は口を横に開き、「イン」と発音します。

    「ter」は、前歯の後ろ側の平坦な部分から少し後ろの口腔のくぼみが始まる辺りに下の先を当て、「ター」と発音します。

    「national」は、「ter」の時と同じ下の形で「ナショナ」まで言い、最後に舌の先を曲げながらあごを開け、「ア」というと、アナウンスと同じ発音になります。

    この口の動きを知っておきながらアナウンスを聞くと、確かにこういう口と舌の動きでネイティブは発音しているんだなということに気が付くことができます。

    無論、アナウンスの英語は、おそらく最上級に発音がきれいなはずです。


    楽天市場等でも取り扱われている有名な発音の教材がいくつかありますので、以下に記載させていただきます。
    発音練習のご検討の参考にいただけると幸いです。


    英語の発音とリスニングUDA式30音トレーニング(DVD)










    ☆☆☆ランキング加盟中☆☆☆
        にほんブログ村 英語ブログへ



    TOEFLリスニングの4段階目は、シャドーイングです。

    シャドーイングは、英文を聞き、そのまま同じことを自分の口で声に出して話す練習です。

    シンプルに聞こえますが、実は非常に高度な技です。

    自分が話している間も、リスニングの英文は進んでいきます。
    自分が話しているときは、自分の声が自分の耳に聞こえてしまいます。

    つまり、自分の口で話しながら、自分の声とリスニング英文の声を聞き分け、リスニング英文を聞き取り続けるという3つの動作を同時にやらなければならないのです。


    シャドーイングの練習は、断然TOEFLの過去問か公式ガイドが良いです。

    理由は、TOEFLのリスニングで聞く英文の長さ、早さ、発音を身につければ、そのままスコアにつながるからです。


    特にPBT時代の英文は短いパッセージのものもあるので、練習に適しています。
    ただし、希少価値が高く中古のみとなっており、手に入りにくいです。


    問題数は少ないですが、公式ガイドも使えます。何度か本番練習を行い、内容を覚え始めてしまったころに使う良問でしょう。

    いまなら3rd Editionと4th Editionの両方が流通しています。3rdが廃番になる前に買っておきましょう。上が3rd、下が4thです。





    シャドーイングを行う時、もし英文が早すぎる場合には、ALSONGの語学機能でスピードを落として再生すると良いです。



    ☆☆☆ランキング加盟中☆☆☆
        にほんブログ村 英語ブログへ



    TOEFLリスニング練習の3段階目は、「発音」です。

    本来であれば、音読の後はシャドーイングなのですが、その前に発音練習を挟みます。

    これは、私が通っていたスクールでしつこいくらい教わった重要なことです。


    発音が身についていない状態でネイティブの真似を繰り返すと、間違った発音に気がつかないまま、間違った発音を体に覚えさせてしまうことになる。

    間違った発音で覚えてしまうと、聞き取れないだけでなく、スピーキングセクションの減点にもつながる。

    そして(熱心に練習してしまった人ほど)簡単には直せなくなる。


    発音練習はとても重要です。英語は日本語と違い、スペルと発音が一致しない言語です。つまり、発音で伝えるウェイトが高いのです。TOEFLの作成者はそのことをよく知っていて、問題を作っています。

    発音の練習は、自分だけではできません。かならず手本が必要となります。

    スクールに通ってしまうのが一番手っとり早いですが、時間の無い方、遠方の方向けに、今は様々な教材が発達しています。

    例えば、ここ最近かなり利用者が増えている英語の発音とリスニングUDA式30音トレーニング(DVD)
    という教材があります。スクールに比べると値段も手ごろですし、何度も使えます。

    もちろん、スカイプを用いてネイティブの方や高度な英語教育を受けた方に発音矯正をしてもらうこともとても有効です。スカイプオンライン英会話【アイビーエル】
    は非常に質が高く、大学院留学した仲間が使っていました。

    楽天市場では、以下のような商品があります。
    自身の発音の悪い点を指摘してくれる機能があります。
    そして、英語発音時の舌の形の図解があります。
    これがものすごく重要で、これを知らないといつまで経っても英語の音が出せないのです。私もスクールに通って直接教わった時に感じました。




    急がば回れ、となりますが、リスニングのために発音を徹底しましょう。



    ☆☆☆ランキング加盟中☆☆☆
        にほんブログ村 英語ブログへ



    TOEFLリーディングの勉強のアプローチで、結局のところ最も効果的なのは、スクールで習ったノウハウを活かして独学を継続することだと思います。

    ほとんどの場合、完全独学の人を除けば、そのつもりが無くてもそうなることが想定されます。
    (スクール在学中に目標スコアが取れれば別ですが)


    せっかく合わせ技を使うのですから、今回は、


    コストを抑えつつ効果を高くする方法について記載します。


    まず、一番手っ取り早い方法から申し上げます。


    READIGの講座に体験入学し、集中力を高めてノウハウを聞き、メモ等を取って持ち帰る


    一見、とてもセコい方法です。確かにその通りではあります。しかし、敢えて主張したのには理由があります。

    体験入学は宣伝を兼ねています。宣伝効果を出すために、効果的なポイントに絞って講義を行うことが多いのです。感覚的には、体験入学というと表面的なことだけで、大事なことは隠しているように疑ってしまいますが、実は逆です

    あとは、メモを残す、許可されていればICレコーダーで録音する、等をして、可能な限りノウハウを持ち帰ってしまいます。その後、独学の勉強スケジュールの組み立てを行うという順番です。


    次の方法は、


    短い期間だけ入学し、ノウハウを持ち帰る。


    当たり前の方法ばかりな感があり恐縮ですが、その狙い、目的を明確にしておかないと当たり前の方法でも効果が出ません。
    TOEFLのスクールは、1ヶ月単位での入学が可能なところが多いです。

    そして、前回も書きましたが、ここからがポイントです。


    スクールでもREADINGのノウハウはそれほど多く持っていない。READINGのノウハウ自体、あまり存在しない。


    つまり、講義を集中して聴き、メモと録音をしっかり行えば、あとは自身の応用努力次第なので1ヶ月も受講すれば十分なことが多いのです。
    私が昔通っていたスクールでも、READINGの出席率は時間が経つにつれて減っていきました。講師の方はとてもわかりやすい授業を行ってくれていましたが、毎度似た内容の繰り返しになってしまうのが定めなのです。


    地方にお住まいの方、あるいは入学手続き時の煩雑さや勧誘が心配な場合、通信教材を使ってしまう手があります。実際私もいくつか使ってみました。正直なところ、習いに行くのと教材を読むのとではあまり変わりありませんでした。ただし、市販教材との違いは、実際の講義で教える時の言葉、臨場感で書かれていることです。

    私が使ったことがあるもの、私の勉強仲間が使っていたものの中から、READINGの解放について詳しかった教材を以下に提示いたします。ご検討の参考にいただければ幸いです。


    「わらをもすがる」TOEFLiBTスコア劇的アップ法(ネーミングが少しあれですが。。。)


    とても安いです。10万円以上のスクールに通うことと比較検討してみてください。


    TOEFL2000単語完全習得web学習:3ヶ月講座
    ボキャブラリーに重点を置いたREADING向け講座です。何の問題集を読んでも、どのスクールに行っても簿キャブbラリーの重要性は繰り返し言われてきました。
    6ヶ月の号座もあります→TOEFL2000単語完全習得web学習:6ヶ月講座

    値段は3ヶ月で25,500円、6ヶ月で48,000円とそれなりにしますが、スクールに6ヶ月通うと数十万円になりますので、ノウハウだけが必要なREADINGはこの方が良いかもしれません。






    ☆☆☆ランキング加盟中☆☆☆
        にほんブログ村 英語ブログへ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。