サラリーマンでありながら海外留学を目指す自身の英語勉強の過程を記したブログです。努力と根性の勉強2か月でTOEICスコア530→800超え(830)。働きながら英語(TOEIC/TOEFL)を勉強する方々のお役にたてれば幸いです。なお、記事中の試験に関する情報は、記事の記載日時時点のものとなりますのでご了承ください。


    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。



    ☆☆☆ランキング加盟中☆☆☆
        にほんブログ村 英語ブログへ



    TOEFLスピーキングは1問目に限ったことではありませんが、発音が重要です。

    採点の優先度は以下の通りです。公式ガイドにも書いてありますし、採点経験者に聞いたことなので確度は高いです。

    ・流暢さ
    ・発音
    ・内容の論理性

    まず、時間いっぱい速い速度で話し続けられることが第一の条件となります。

    大きく間が開いたり、時間が5秒程度残ると大幅減点となります。


    その次に出てくるのが発音です。


    発音ができていないと、3つめの採点要素である「内容」の議論ができないのです。
    採点者側から見れば、発音がダメだと、何を言っているかがわかりにくく、よってもって内容の正誤の判断が不可能となってしまうのです。
    逆に言えば、多少内容が間違っていても、良い発音で早く時間いっぱい話せていればgoodに近いところまで出せるということになります。


    今日は、電車の中で興味深いことに気がつきましたので、記載させていただきます。

    私は羽田空港に用事があり、モノレールに乗りました。

    羽田空港は国際線が就航するようになったため、車内アナウンスも英語のものも流れます。

    ごく一般的ですが、「次は羽田空港国際線ターミナルです」というアナウンスは英語で以下の通り流れます。

    「The next station is Haneda international terminal」

    このinternationalの発音に注目しました。

    まず「in」は口を横に開き、「イン」と発音します。

    「ter」は、前歯の後ろ側の平坦な部分から少し後ろの口腔のくぼみが始まる辺りに下の先を当て、「ター」と発音します。

    「national」は、「ter」の時と同じ下の形で「ナショナ」まで言い、最後に舌の先を曲げながらあごを開け、「ア」というと、アナウンスと同じ発音になります。

    この口の動きを知っておきながらアナウンスを聞くと、確かにこういう口と舌の動きでネイティブは発音しているんだなということに気が付くことができます。

    無論、アナウンスの英語は、おそらく最上級に発音がきれいなはずです。


    楽天市場等でも取り扱われている有名な発音の教材がいくつかありますので、以下に記載させていただきます。
    発音練習のご検討の参考にいただけると幸いです。


    英語の発音とリスニングUDA式30音トレーニング(DVD)










    ☆☆☆ランキング加盟中☆☆☆
        にほんブログ村 英語ブログへ
    スポンサーサイト



    TOEFLスピーキングのTYPE1は、画面に表示された質問に対し自分自身の考えを話す形式の問題です。比較的自由度が高く自分でコントロールできる余地が多い問題です。一方で、問題から答えを導くことはできないので、事前の訓練を必要とします。

    スピーキングTYPE1で必要なスキルは以下の2点です。

    1.自分の得意な話題をまとめたテンプレートを覚えておくこと
    2.画面に表示された質問から、テンプレートまでのつなぎを連想できること

    抽象的でわかりにくいため、具体的な例を記載させていただきます。

    まず、得意な話題を用意します。
    これは人によってさまざまではありますが、私は以下の話題につなげるようにしています。
    ・運動(exercise)ができる→健康(health)が保たれる
    ・新しい考えに触れることができる(view that different from mine)→知的な発達(intellectual development)

    つぎにつなぎの考え方です。
    TYPE1に出そうな問題として、例えば「あなたの好きな場所と、その理由を答えなさい」というものがあったとします。
    ここから連想を開始します。

    好きな場所(The place I like is)

    家の近くの大きな公園(the park near my house)

    自分の健康を保つのに役立つため(because I can preserve my health)

    公園にはジョギングコースがある(It has the road for running)

    私は運動をすることができる(and enable me to take exercise)

    体が強くなり風邪を防止できる(It can enhance my body's strength and I can prevent colds)

    加えて、よく眠ることができる(In addition, I even can sleep well)

    結論として、私は家の近くの公園が好きである(Therefore, I like the park near my house)


    公園が好きな理由を「健康を保てるため」と定め、さらに健康を保てることの根拠(Supporting reason)として「風邪の防止」と「よく眠れる」を挙げます。
    内容は凝っている必要はありません。Introduction(導入)→Conclusion(結論)→支持根拠(Supporting reason)の構成がはっきりしていればよいです。
    文章はできるだけ簡単な表現にします。凝った単語やイディオムを使うことは、確かに公式ガイドの中でも評価項目として記載されていますが、言い間違えや話す速度の低下、話す内容を考える時間が間に合わない等のリスクを考えますと、当面は狙わない方が無難です。

    連想の訓練は、いつでもどこでもできます。道具も要りませんし、他人から勉強しているようにも見えません。
    時間があいたら行うように癖をつけておくと良いです。

    すぐに思いつく限りでも、以下のような問が考えられます。

    ・好きな食べ物とその理由
    ・自分にとって重要だったニュースとその理由
    ・休日はどのように過ごしているか
    ・通勤のための交通手段が何が良いと考えるか

    特に、これらを紙に書いておき、いつでも唱えられるようになるまで練習すると効果的です。


    TOEFLスピーキングの1問目、2問目は、オンラインのスクールでも非常に勉強しやすいです。
    昔一緒にMBA向けスクールに通っていた同期が以下のサイトで練習していましたので提示させていただきます。

    スカイプオンライン英会話【アイビーエル】





    持ち込み教材が認められているので、1問目の回答を自分で作り、内容と発音があっているかを見てもらえます。本格的なレベルの講義である上、無料体験も可能なので、ぜひご参照ください。


    また、TOEFLのスピーキング試験の3大採点基準には、「発音」があります。
    採点官は、受験者がマイクを通して話した内容の録音を聞いて採点します。

    つまり、「発音が悪いとそもその何を言っているかがわからない」のです。さらに、日本人に対して「発音」を正確に教えられる方も限られています。


    一方、最近は、遠方の方、時間の無い方向けにオンライン教材が増え、洗練されてきています。
    できるだけ安く、かつ効果が高いと想定される教材がありましたので、ご検討用に提示させていただきます。
    センセーショナルなデザインサイトが多いですが、よくお読みになり「ご自分にとってプラスかどうか」をご検討いただけると幸いです。


    英語発音塾-60日ネイティブ発音習得プログラム(self-study-ver.)


    スコットペリー先生の発音大学2011(東京会場)


    英語発音塾-60日ネイティブ発音習得プログラム


    スコット先生の発音大学DVD3枚組みと7シークレットのテキストのセット


    毎日10分の簡単なトレーニングで60日でネイティブに通じるきれいな英語の発音が身につく方法



    ☆☆☆ランキング加盟中☆☆☆
        にほんブログ村 英語ブログへ



    TOEFLのスピーキングは全部で6問出題されます。
    初めの2問は画面に質問が示され、それに対して答える形式です。インデペンデントタスクと呼ばれます。
    残りの4問は与えられた文章を読み、会話または講義を聴いた後で回答する形式、または講義のみを聞いて回答する形式です。インテグレイテッドタスクと呼ばれます。

    それぞれの問題で特徴が異なるため、便宜上本ブログでは1問目から順に「TYPE1~6」と名付けます。


    TYPE1は、題材となる問題が画面に提示されます。
    オープンドクエスチョン(Yes or No、Agree or Disagree等答えが絞られない質問)形式であり、例えば以下のようなものがあります。

    ・Describe your favorite place and explain why it is your favorite place.
     (あなたが好きな場所とその理由を答えなさい)

    ・Describe a occupation which you admire and explain why you admire it.
     (あなたが尊敬する職業とその理由を答えなさい)

    ・Describe a event which is important to your company and explain why it is important.
     (あなたの国にとって重要な出来事とその理由を答えなさい)


    これに対し、15秒間の準備時間が与えられ、45秒間のスピーチを行います。スピーチはマイクを通して録音され、後日採点官が評価します。

    全てのスピーキングの採点は以下の観点に基づいて行われます。
    1から順に採点の優先度が高いとされています。

    1.スピード、流暢さ
    2.発音
    3.話の内容、論理展開

    方向性としては、内容をしっかりすることよりも、時間いっぱい止まらずに正しい発音で話すことを重視して練習を行う必要があります。
    それぞれについて、スピーキングの記事で記載させていただきます。



    ☆☆☆ランキング加盟中☆☆☆
        にほんブログ村 英語ブログへ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。