サラリーマンでありながら海外留学を目指す自身の英語勉強の過程を記したブログです。努力と根性の勉強2か月でTOEICスコア530→800超え(830)。働きながら英語(TOEIC/TOEFL)を勉強する方々のお役にたてれば幸いです。なお、記事中の試験に関する情報は、記事の記載日時時点のものとなりますのでご了承ください。


    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。



    ☆☆☆ランキング加盟中☆☆☆
        にほんブログ村 英語ブログへ



    TOEFLスピーキングの6問目は最も難しい問題です。

    やること自体は4問目とほぼ同じです。

    しかしながら、予めTOPICに関連した英文を読むことができません。
    いきなり講義のリスニングが始まってしまい、それに対するスピーキングを行わなければなりません。

    つまり、英文から仕入れたネタから文章が作れないため、4問目の2倍近い量のスピーキング文章をたった20秒間で考えなければなりません。

    これはTOEFLの練習段階にある人間にとって難儀であること極まりありません。


    今回は、正答するのではなく、ダメージを減らす方法について記載させていただきます。


    6問目は、リスニング部分が終わってからでないと、「何について答えるか」が出題されません。
    例えば「The professor explained about two definition of the ~」と言われます。あるものの2つの定義について教授は話していたので、それを説明せよ、という主旨になります。
    つまり、リスニングでのメモのあてが外れると、何も答えられないリスクがあります。

    そこで、初めから完璧な回答は捨て、以下のように定型分を作っておき、時間いっぱい答えてしまうという荒い技もあります。以下はあくまでも一例です。

    This lecture was about(この部分は問題のはじめに言われます).
    The lecturer described about (ここに問題文からの引用を入れます).
    I would like to explain what they were.
    First, the speaker described about (キーとなる単語1).
    Second, she(or he) explained that (キーとなる単語または文章2).
    Finally, the lecturer said about (キーとなる単語3).

    キーとなる単語や文章は、とにかくメモを取りまくり、その中から選んで組み合わせます。
    これだけは練習でできるようにするしかありません。


    以下、楽天市場で取り扱われているTOEFLスピーキング用教材です。
    いろいろな手法があるようですので、どんな手法があるのかをご参照いただければ幸いです。

    【送料無料】TOEFLテストスピ-キング問題130

    【送料無料】TOEFLテストスピ-キング問題130
    価格:2,310円(税込、送料別)








    ☆☆☆ランキング加盟中☆☆☆
        にほんブログ村 英語ブログへ
    スポンサーサイト



    TOEFLスピーキングTYPE6は、教授に該当する人が話す講義を聞き、問題に答える形式の問です。TYPE4と回答の内容はほぼ一緒ですが、事前に文章を読むタスクがありません。リスニングとスピーキングの2つのスキルを要するINTEGRATED問題となります。

    ナレーターが導入部分を話した後、すぐに講義が始まります。
    講義は1-2分程度のものとなります。
    講義終了後、問題文が提示されます。問題はTYPE4と同じく、大まかに以下の2つのどちらかであることが多いようです。

    1.講義全体の要約である場合
    2.講義の特定の部分を指定し要約を求める場合

    会話終了後、20秒間の準備時間があり、60秒間で回答します。TYPE4よりも準備時間が10秒短いことに注意します。


    解き進め方のアプローチはいくつも考えられますが、まずは1つを定めて訓練を行います。TYPE4のものを一部適用します。文章が無いため、TYPE4よりも難易度がかなり上がります。

    1.問題文をよく読み、スピーキングの内容に組み込む
    講義が読まれ終わった後、画面に問題が表示されます。典型的な例として以下のような形で提示されます。
    「Using points and examples from the lecture, explain the two definitions of ~ presented by the professor」
    (教授が示した~に関する2つの例について、講義で述べられたポイント・例を使用して説明しなさい)
    これはつまり、「two definitions of ~」についての講義であることがわかります。これをスピーキングの始めに用いることでIntroduction部分ができあがります。

    2.講義のメモの仕方はリスニングと全く同じ
    TYPE3と違い、講義の内容について聞かれることは確実なので、リスニングで行うメモ取りと同じ要領でメモを取ります。言い換えますと、リスニングセクションの練習が点数を左右します。講義の間に、話すことの構成を示す言葉(Organization Indicator)、例えば We will discuss 3 points about ~、There are two reasons of it 等の言葉が示されたら、その通りに分類してメモを取ると、特定の部分の要約を求める問題の時に役立ちます。

    3.回答の構成をあらかじめ決め、覚えておく
    文章や講義の内容は毎回異なりますが、それに合わせて回答の構成まで毎回ゼロから考えるのは効率が良くありません。最低でも以下のような枠組みは決めておき、順に回答します。
    (1)文章は何のTOPICについて書かれているか
    (2)教授の講義内容に関する具体的な要約

    以降、個別記事で、それぞれの回答について記載させていただきます。



    ☆☆☆ランキング加盟中☆☆☆
        にほんブログ村 英語ブログへ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。