サラリーマンでありながら海外留学を目指す自身の英語勉強の過程を記したブログです。努力と根性の勉強2か月でTOEICスコア530→800超え(830)。働きながら英語(TOEIC/TOEFL)を勉強する方々のお役にたてれば幸いです。なお、記事中の試験に関する情報は、記事の記載日時時点のものとなりますのでご了承ください。


    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。



    ☆☆☆ランキング加盟中☆☆☆
        にほんブログ村 英語ブログへ



    TOEFLはとても難しい試験です。海外留学等を目指し訓練をされている片は充分にご存知のことと思いますが、ここではメジャーな比較対象としてTOEICと見比べてみます。

    大きな違いは以下の4点と考えております。

    1.科目数が多い
    最も大きな違いと思われます。
    TOEICはPART分けはされているものの、基本的にはリスニングとリーディングしかありません。一方で、TOEFLはリスニング、リーディングに加えスピーキングとライティングがあります。

    2.日本人が苦手な内容
    1の続きのようになりますが、スピーキングとライティングは日本人がとても苦手とする分野です。より正確には日本の英語教育があまりカバーしていない領域です。今は改善されているかもしれませんが、少なくとも私が大学を受験した時代はそうでした。
    スピーキングは英会話ではなく、スピーチまたはプレゼンテーションです。課題が与えられ、それに対して一定時間英語で答えます。
    ライティングはエッセイとレポートです。これも義務教育では見かけないものです。

    3.単語、表現が難しい
    学術機関で使われる英語を想定しているため、単語は専門的です。また、題材が学術文書であるため、表現も文語的です。TOEFL用に単語、表現を覚える必要があります。

    4.量が多い
    TOEFLの試験時間は約4時間です。TOEICが2時間であることを考えますと、とてもタフです。集中力を持続できるための訓練が必要です。



    ☆☆☆ランキング加盟中☆☆☆
        にほんブログ村 英語ブログへ
    スポンサーサイト



    TOEFLは主に英語圏の大学で使用される英語を想定した試験です。TOEICと同じETSという団体が主宰していますが、目的も内容も全く異なります。英語圏の大学またはそれと同等の学術機関で円滑なコミュニケーションをが行えるかを計る試験です。多くの英語圏の学術機関で採用され、各機関は出願条件に最低スコアを定めていることが多いです。

    TOEFLの難易度は、一言で言えば極めて難しいです。特に日本生まれ日本育ちの日本人はTOEFLが苦手であり、世界最低水準の平均スコアです。TOEFLを世界で一番難しい英語の試験と断言する参考書もあります。

    私が初めて受験した結果のスコアは59(120が満点)でした。当日TOEICは830取れていましたが、このありさまです。TOEICのリスニングは425(455点満点中)でしたが、TOEFLリスニングは30点満点中7点でした。そのくらい難易度に違いがあることを、身を以って知りました。

    その後、専門のスクールに3ヶ月ほど通い(授業自体は週1回)、3回ほど受験した2012/4時点でまだ76点です。
    3ヶ月でスコアが17上がったこと自体はよかったのですが、まだ海外の大学院に出願するには程遠いスコアです。
    特にリーディングとリスニングは、スポーツと似ていて練習を怠るとすぐにできなくなってしまいます。特にスピードが落ちていきます。働きながら定期的に受験することを考えた場合、いかに継続して負荷の高いトレーニングを続けられるかが肝になると思いました。
    逆に、私の感覚では、ライティングは安定します。初めは手の付け方もわからなかったのですが、欧米での文章の書き方のルール(パラグラフライティングセオリー)を覚え、反復練習すると毎度良いスコアが取れるようになりました。ライティングは早めに集中的に体に覚えこませると、後が楽になります。

    現在は年度初めの組織変更もあり3週間ほど訓練がご無沙汰になってしまっておりますが、1日でも早く再開するつもりです。



    ☆☆☆ランキング加盟中☆☆☆
        にほんブログ村 英語ブログへ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。