サラリーマンでありながら海外留学を目指す自身の英語勉強の過程を記したブログです。努力と根性の勉強2か月でTOEICスコア530→800超え(830)。働きながら英語(TOEIC/TOEFL)を勉強する方々のお役にたてれば幸いです。なお、記事中の試験に関する情報は、記事の記載日時時点のものとなりますのでご了承ください。


    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。



    ☆☆☆ランキング加盟中☆☆☆
        にほんブログ村 英語ブログへ



    TOEIC PART3を優位に進めるために必要なテクニックの一つは「先読み」です。

    聞きながら設問に解答できるほどのスキルが身に付いた後は不要となりますが、そこに至るまでの過程で高スコアをマークするためには必須です。

    先読みで読めるのは選択肢だけです。選択肢だけでも一読しておくと、実際に問題を解くときになって大きな差が出てきます。問題文を聞いてから初めて選択肢を読むのと、一度読んだことのある選択肢を読むのとでは、読む→考える→回答する のプロセスに必要な時間が全く違います。PART3は、選択肢を選ぶ時間は短く、自動的に次の問題に進んでしまうため、コンスタントに短い時間で答えられなければなりません。



    では、どのタイミングでPART3の先読みをするかを考えます。


    PART3の前のナレーションでしょうか?


    いいえ、PART1と2のナレーションの時です。


    PART3のナレーションのときでは遅すぎるのです。

    PART3の選択肢は数多くあります。

    その上、PART3のナレーションはとても短いのです。


    それとは逆に、PART1のナレーションは、実は全てのPARTの中で最も長いのです。

    PART2も長めです。

    この時間を、大した得点源にならないPART1に使うより、PART3、できればPART4にも使います。


    PART1のナレーションが始まったら、とりあえずPART1の写真は舐めるようにだけ一読し、その後すぐにPART3の選択肢を先読みします。

    これはもちろん反則ではありません。

    PART1のナレーションの時に一人だけ問題用紙をバサバサ言わせてしまいますが、これは同じテクニックを使う人がいない証拠ですので、相対評価であるTOEICで有利に立てることを表しています。


    英語の学習法はさまざまですが、やはり最新の情報を元に勉強法を組み立ててから進めた方が良いスコアが出ます。TOEICは相対的な採点なので、「いかに周りよりできたか」がポイントです。
    TOEICの出題傾向は刻々変わる中、最新の勉強法は専門機関がノウハウとして持っています。そして、そのノウハウが陳腐化した頃、市販教材として販売されるようになります。
    専門機関に通うのが最も近道になりますが、今は専門機関の教材をWebで購入できます。以下、売り上げ数が多く信頼性がある教材を提示いたします。

    以下の教材は、今非常に売れているものです。TOEICのほか、TOEFLの教材でも評価が高い専門機関によるものです。価格も8,200円(市販参考書3冊分程度)と非常にコストパフォーマンスが高いほか、ダウンロード販売なので、今この場でも買うことができます。

    「反則スレスレ」新TOEICスコア150UP法




    また、以下の教材も上述のものと同じくらい評判の高い品です。10カ国語を使う翻訳家の方が作成されている教材で、日本人の弱点を研究しつくした上での方法論を確立しています。価格は19,800円しますが、何十時間もの勉強時間を短縮できることを考えますと、十分天秤にのせる価値があります。オンライン物販のみなので、手元に届くまでは少し時間がかかります。

    TOEIC980点獲得!30歳からできたラクラク英語マスター法!




    最後は、ゼロからTOEICの勉強を始める方から大きな支持、売り上げを誇っている教材です。今回の記事や上述の教材は、ある程度下地となる英語の力があることが前提ですが、これは違います。これから勉強を始められる方は、スタートの時点からテクニックを学んでいくと遠回りを全くせずに点が取れると思います。スポーツで言えば、「子供の時からやっていた人は強い」という状態になります。価格は14,800円なので、市販問題集を何冊も買うよりはお得です。ダウンロード販売、オンライン物販の両方に対応しています。

    新TOEIC TESTでハイスコアを獲るための英語勉強法を大公開!「成田式新TOEIC TEST900対策」~新TOEIC TESTを完全攻略~




    ☆☆☆ランキング加盟中☆☆☆
        にほんブログ村 英語ブログへ
    スポンサーサイト



    年度が変わり、会社でも改めてTOEICの勉強を行うよう奨励されています。

    基本的にTOEICのスコアには有効期限はありませんので、830を保ちたいところですが、いつ再受験になるかわからないため、少しならそうと考えました。

    TOEICのリスニングは、一通り勉強してあるのであれば、PART3と4だけ練習しておけばほぼ問題ありません。

    今回はPART3のディクテーションを行いました。


    さて、ここでディクテーションの効果について記載させていただきます。


    もし、この記事をご覧になられている方の中で、TOEICの勉強をされた経験がある方は、一度PART3と4のスクリプトを見ながら問題を解いてみてください。


    とても簡単なはずです。


    読めば簡単なのです。というより、読んでも分からないような英文をリスニングで出題したら誰も答えられないのです。

    そして、ディクテーションの最大の効能は以下の通りです。


    耳から聞いた英語を、頭の中で瞬時に文字に起こせること。


    言い換えれば、聞くのと読むのを同じにすることができるのです。

    これがディクテーションの威力です。

    とにかく1週間、ガリガリやってみてください。

    PART3は短いので、量が必要です。

    例えば

    ただ解くだけのTOEIC教材


    は非常に有名なTOEIC教材ですが、名前が示す通りただ解きまくったあとでディクテーションに使えばよいのです。しかも返金が効くというシステムです。


    他には、一般に販売されている商品ですが、やはり数をこなすという意味ではこれは外せません。





    ☆☆☆ランキング加盟中☆☆☆
        にほんブログ村 英語ブログへ



    TOEIC PART3で高い得点を得るためには、英文を聞き取りながら並行して問題が答えられるようにしていくことを目指します。必ずしもこうしなくても高い点を取る方法はあるとは思いますが、PART3は一定時間が経つと(それも短い時間で)次の問題の英文が読まれ始まってしまうため、時間に余裕を持たせながら問題を説く必要があります。従いまして、英文を聞きながら問題を解き、英文が読み終えられてから本来しばらく問題を解くのに与えられている時間を見直し、または次の問題文の先読みに用いることが理想となります。

    これは、PART4でも全く同じです。

    では、そのためのアプローチについて、私が取らせていただいた方法をここに記載させていただきます。

    私が実行したのは、音読とディクテーションです。
    音読についてはPART3の前回の記事に書かせていただきましたので、今回はディクテーションについて述べさせていただきます。

    もともと、私はTOEICよりも遥かに難しいTOEFLのリスニング対策のためにディクテーションを行っていました。
    その結果として、TOEICのリスニングセクションのスコアが一気に400を超えるようになりました。
    私と同じアプローチを取る必要など全くありませんが、TOEICの教材を使ってのディクテーションも可能です。むしろ、TOEICの方が一回に読まれるリスニングの文章が短いため、ディクテーション練習に向いているかもしれません。

    1.まず、TOEICのPART3、4の内容が盛り込まれた問題集を用意します。もったいないので、できれば使い古したものを再利用するのが良いです。

    2.リスニング教材をPCにインストールし、反復再生できるソフトを用意します。反復再生ソフトは、以下のものがお勧めです。
    ALSONG

    3.10秒ずつくらい反復再生しながら、聞き取った英文を文字に起こします。手書きでもワープロでも構いません。


    何度も繰り返すうちに、まず聞いた英文がそのまま文字になって頭の中に浮かぶようになります。さらに続けますと、頭の中に文字を浮かべながら続きの英文を聞けるようになります。つまり、聞くと同時に別のことを考えられるようになります。これが、聞きながら問題を解くための基礎となります。


    ディクテーションが進んできたら、数の練習に入ります。


    数の練習は問題集でも十分可能ですが、試験前の追い込み練習にとても良い教材がありますので、あわせて記載させていただきます。

    3000問題よりランダムに配信されるオンラインTOEIC模試です。





    模擬試験の問題集は値段が高い上、一回使ってしまうと、もう本番用の練習にはなりません。一方、この教材は非常に問題数が多い上、価格も問題集と同じ程度で、しかも買いに行く必要がありません。ご参考にいただけると幸いです。



    ☆☆☆ランキング加盟中☆☆☆
        にほんブログ村 英語ブログへ



    4月に業務が大幅に変更になったことに伴い、ここ1か月英語の勉強から遠ざかっていましたが、再開しました。

    リハビリを兼ねて、TOEIC PART3の練習から始めました。

    いきなりリスニングを行うのではなく、音読練習を行いました。
    やりかたは簡単です。単に使い古した問題集の回答に載っているスクリプトを読むのです。
    使い古してしまったリスニング問題集は半分覚えてしまうので、リスニングの練習には向きません。一方、正しい文章が書かれているため、音読には最適です。

    久しぶりに音読をやりましたが、口がおぼつきません。
    スポーツと一緒で、一回間が空いてしまうと体が忘れてしまうようです。良い教訓でした。

    今日読んだ題材は、銀行の窓口でのやり取りでした。
    著作権の問題があるため全文は乗せられませんが、一般化した形で覚えておくと良さそうな単語、聞き取りにくいフレーズを紹介いたします。


    【覚えておくと良さそうな単語】
    valid 有効な
    identification 身分証明
    fill out 記入する
    application form 申込用紙(fill outと合わせて使うことが多い)
    fund 貯金

    【聞き取りにくいフレーズ】
    1.fill out
    単語の部分でも記述いたしましたが、「L」の音は聞き取りにくいうえ、単語の最後に出てくると次の単語の音につながってしまいます。
    「L」はuの母音がありません、つまり「ル」の音にはならないのです。fill outは無理やりカタカナにするとフィィアウッと聞こえます(「t」も基本的には破裂音なので「ト」とは聞こえにくい場合が多いです)。

    2.I'd like to
    初めのI'dが聞き取りにくいです。Iを「アイ」と発音し、その後で「ド」と発音すると考えていると聞きとれなくなってしまいます。Iの「アイ」の「イ」は省略されてしまい、次の「ド」の音につながってしまうためです。しかも「d」は破裂音の性質を持っているため、「ド」と明確に発音されないことが多いようです。実際には「アド」と聞こえ、ドは小さく短く発音されることになります。


    発音のことを念頭に置きながらも、TOEICは数の練習が何より重要です。

    数の練習は問題集でも十分可能ですが、試験前の追い込み練習にとても良い教材がありますので、あわせて記載させていただきます。

    3000問題よりランダムに配信されるオンラインTOEIC模試です。





    模擬試験の問題集は値段が高い上、一回使ってしまうと、もう本番用の練習にはなりません。一方、この教材は非常に問題数が多い上、価格も問題集と同じ程度で、しかも買いに行く必要がありません。ご参考にいただけると幸いです。



    ☆☆☆ランキング加盟中☆☆☆
        にほんブログ村 英語ブログへ



    TOEIC PART3は長め(1分程度)の英文が読み上げられるのを聞き取り、設問に答えます。2人による英会話を聞き、内容を理解しながら解き進める必要があります。

    1つの英文に対し、3問の問題が出題されます。
    英文が読み終えられた後、一定時間経つと次の英文の読み上げが始まってしまいます。
    メモは禁止されているので、時間オーバーで次に進んでしまったが場合、実質的にはもう回答できません。

    解き方はいくつも考えられますが、最終的に目指すところは「聞きながら問題を解く」ことです。
    英文の読み上げが終わったときには、問題の回答も終えている状態です。
    そして、本来回答に使うはずの時間で次の問題を先読みします。このパターンとペースが保てていれば、高得点にたどり着けます(これができるレベルになっていれば、かなり英語のリスニングの力がありますので)。

    PART3でリスニングを聞きながら回答できるようになるため、練習では以下の点を心に留めておきます。


    1.問題はほとんどの場合、英文の中で読み上げられる順になっている
    つまり、1つ目の問題は英文の読み上げが始まったらすぐに回答できる可能性があるので、出だし部分に気をつけておく必要があります。逆に3問目が答えられたのに2問目がわからない場合、聞き逃してしまっている可能性が高いので、ランダムマークをして次の問題に進む準備をしてしまう手があります。

    2.よほどのリスニング力が無い限り、問題の先読みは必須である
    リスニングが始まってから問題を読み始め、聞きながら答えられる方は最早当サイトなどご覧いただく必要はありません。お役には立てません。
    仮に余裕で回答できるスキルをお持ちの方でも、先読みを行って損はありません。先読みには2種類あります。
    まず、PART3のDirectionがアナウンスされているときに問題を先読みする方法です。一般的な手ですが、PART3のDirectionは実はとても短いので、せいぜい10問程度しか読めないのが現実です。
    そこで、次の手は、PART1のDirectionの時に読んでしまう方法を使います。PART1の先読みを捨てる形になりますので、PART1が余裕で答えられる程度のスキルがあることが前提となります。これを用いると30問くらいは先読みできます。先読みしてから実際にPART3にいたるまで時間が空きますが、「以前一度見た」という状況を作るのが先読みの目的なので気にする必要はありません。

    3.聞きながら考えることは高度なテクニックであり専門の練習が必要
    単にPART3の回答練習を行っていても、いつかは聞きながら答えられるようになるかもしれませんが、時間がかかりすぎます。
    聞きながら、問題を読み、考えて、回答するというのは、脳の中で複数の思考を同時平行させる高度な技術です。母国語では何気なく行っていますが、それは10年以上も毎日使っているからこそできるのです。
    少し突飛に聞こえるかもしれませんが、TOEFLで一般的に行われているメモ取りの練習が効果的です。正確には、メモ取りができるようになるまでの段階的な練習がTOEFLにはありますので、それを行います。
    まずは音読です。リスニングで読まれる速度と同じ速度で読めるまで練習します。そうしないと、音読と同じスピードで脳が反応、思考できないのです。次にシャドウイングです。本当は発音矯正を行わないと悪い発音が身についてしまうリスクがシャドウイングにはありますが、今回は聞く→文字を思い浮かべる→話すという一連の平行思考を練習するためのものなので、一旦リスクは無視します。最後に、メモ取りを行います。実はメモを取るということは、聞く→文字を思い起こす→書くという動作が必要です。やってみるとわかりやすいのですが、書いている間にリスニングが進んでしまい、話がわからなくなります。書きながら聞けるという技術が身に付くということは、聞きながら問題を考えるのとほぼ同じです。


    あとは、とにかく数をこなします。上述の方法はPART4でもほぼ同じです。
    1ヶ月もあれば400/495は取れると思います。

    数の練習は問題集でも十分可能ですが、試験前の追い込み練習にとても良い教材がありますので、あわせて記載させていただきます。

    3000問題よりランダムに配信されるオンラインTOEIC模試です。





    模擬試験の問題集は値段が高い上、一回使ってしまうと、もう本番用の練習にはなりません。一方、この教材は非常に問題数が多い上、価格も問題集と同じ程度で、しかも買いに行く必要がありません。ご参考にいただけると幸いです。



    ☆☆☆ランキング加盟中☆☆☆
        にほんブログ村 英語ブログへ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。