サラリーマンでありながら海外留学を目指す自身の英語勉強の過程を記したブログです。努力と根性の勉強2か月でTOEICスコア530→800超え(830)。働きながら英語(TOEIC/TOEFL)を勉強する方々のお役にたてれば幸いです。なお、記事中の試験に関する情報は、記事の記載日時時点のものとなりますのでご了承ください。


    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。



    ☆☆☆ランキング加盟中☆☆☆
        にほんブログ村 英語ブログへ



    TOEICのPART4は、TOEICリスニングの中でも最も難しいPARTです。

    理由は以下の通りです。

    1.単純にリスニングの英文が長い
    2.先読みができない
    3.PART1~3の後に来るため集中力が持続しにくい


    1は言わずもがなですが、新TOEICに変わってからより長くなりました。

    1分近くリスニングしなければならないので、全て聞いてから問題に答えるのは相当の記憶力と集中力が必要です。対処法は、はっきり言って聞きながら回答できるようにするしかありません。


    3は、これも避けようがありません。PART1~3でいっぱいいっぱいになって精神的に消耗し切ってしまわないよう、英語に対する慣れを作っていくしかありません。


    2は、PART3の難易度とPART4の難易度の差を作っている要因です。
    PART1の間にPART3の先読みをしても、さすがにPART4までは手が回りません。PART3の先読みの深度を下げ、PART4まで手を伸ばすことは可能ですが、PART3の精度がさがります。


    PART4だけは手法に頼らず正攻法で練習することが一番の近道と考えられます。


    英語の学習法はさまざまですが、やはり最新の情報を元に勉強法を組み立ててから進めた方が良いスコアが出ます。TOEICは相対的な採点なので、「いかに周りよりできたか」がポイントです。
    TOEICの出題傾向は刻々変わる中、最新の勉強法は専門機関がノウハウとして持っています。そして、そのノウハウが陳腐化した頃、市販教材として販売されるようになります。
    専門機関に通うのが最も近道になりますが、今は専門機関の教材をWebで購入できます。以下、売り上げ数が多く信頼性がある教材を提示いたします。

    以下の教材は、今非常に売れているものです。TOEICのほか、TOEFLの教材でも評価が高い専門機関によるものです。価格も8,200円(市販参考書3冊分程度)と非常にコストパフォーマンスが高いほか、ダウンロード販売なので、今この場でも買うことができます。

    「反則スレスレ」新TOEICスコア150UP法




    また、以下の教材も上述のものと同じくらい評判の高い品です。10カ国語を使う翻訳家の方が作成されている教材で、日本人の弱点を研究しつくした上での方法論を確立しています。価格は19,800円しますが、何十時間もの勉強時間を短縮できることを考えますと、十分天秤にのせる価値があります。オンライン物販のみなので、手元に届くまでは少し時間がかかります。

    TOEIC980点獲得!30歳からできたラクラク英語マスター法!




    最後は、ゼロからTOEICの勉強を始める方から大きな支持、売り上げを誇っている教材です。今回の記事や上述の教材は、ある程度下地となる英語の力があることが前提ですが、これは違います。これから勉強を始められる方は、スタートの時点からテクニックを学んでいくと遠回りを全くせずに点が取れると思います。スポーツで言えば、「子供の時からやっていた人は強い」という状態になります。価格は14,800円なので、市販問題集を何冊も買うよりはお得です。ダウンロード販売、オンライン物販の両方に対応しています。

    新TOEIC TESTでハイスコアを獲るための英語勉強法を大公開!「成田式新TOEIC TEST900対策」~新TOEIC TESTを完全攻略~




    ☆☆☆ランキング加盟中☆☆☆
        にほんブログ村 英語ブログへ
    スポンサーサイト



    数ヶ月間英語の勉強ができなくなってしまっていたので、リハビリを兼ねてTOEICの勉強を進めています。

    軌道に乗ってきたらTOEFLの勉強にも着手しようと考えております。

    近くに英語の研修があるので、いったんそこを目標にある程度仕上げようと思っています。


    今日はTOEIC PART4を勉強しました。

    耳と口を鍛えることが目的です。

    一通りリスニングの問題を解き終わったら、次の練習メニューに移ります。

    その練習とは、「暗唱できるまで繰り返し読むこと」です。

    もちろん全問ではなく、どれか一つを選んで行います。

    まずはスクリプトを見て、音読を繰り返します。

    うろ覚えになるくらいまで音読したら、次は音声を聞きながらシャドーイングします。

    このとき、わからない部分があれば再度スクリプトを見ます。

    それを数十回くらい繰り返し、体(口)が勝手に動くくらいになったら、最後はスクリプトも見ず、音声も聞かずに読みます。

    暗唱ができるまで繰り返し、暗唱ができたころには以下の効果があります。


    ・限定的な部分ですが、流暢に英語が話せる。
    ・流暢に話せる英語は、必ず聞き取れる。
    ・単語、言い回しも一緒に覚えられる。


    一点だけ、留意事項があります。

    シャドーイングを行う場合は、ある程度は事前に発音練習を行うことが重要です。

    高等英語教育の第一人者中野先生曰く、発音ができていないのにシャドーイングを繰り返すと、間違った発音を体に覚えさせることになり、かえって直せなくなることがあるそうです。


    発音といえばこの教材、というくらい定番のロングセラー教材です。映像つきの発音練習教材は、実際のネイティブ講師の口や舌の動きが見えるので、どのように自分の口と舌を動かしたらよいのかが一目でわかります。DVDなので、ノートPCがあればどこでも勉強できるのも強みです。
    スコット先生の発音大学DVD3枚組みと7シークレットのテキストのセット



    以下の教材は、安定して高い売り上げを誇っているものです。TOEICのほか、TOEFLの教材でも評価が高い専門機関によるものです。価格も8,200円(市販参考書3冊分程度)と非常にコストパフォーマンスが高いほか、ダウンロード販売なので、今この場でも買うことができます。PART7に限らず全PARTを網羅していて、小生が感じていたこともたくさん書かれていました。

    「反則スレスレ」新TOEICスコア150UP法




    また、以下の教材も上述のものと同じくらい評判の高い品です。10カ国語を使う翻訳家の方が作成されている教材で、日本人の弱点を研究しつくした上での方法論を確立しています。価格は19,800円しますが、何十時間もの勉強時間を短縮できることを考えますと、十分天秤にのせる価値があります。オンライン物販のみなので、手元に届くまでは少し時間がかかります。

    TOEIC980点獲得!30歳からできたラクラク英語マスター法!




    ☆☆☆ランキング加盟中☆☆☆
        にほんブログ村 英語ブログへ



    TOEIC PART4の練習です。

    PART4はリスニングセクションですが、リスニングの力を強化するためにディクテーションをやります。

    ディクテーションはTOEIC PART4に限らず、TOEFLのリスニングセクションでさえ有効な練習方法です。
    TOEIC PART4は長さも適当で、英文もそれほど早くなく、音が消える部分も少ないので練習台として最適です。

    ディクテーションのポイントは以下の通りです。

    1.できればPCのワープロソフトを使う(楽ですし、英文を書く練習にもなるため)
    2.初めはなかなか進まなくてもめげないこと(初めは本当にわけが分からないのです)
    3.慣れてきたら、時制、単数形/複数形に注目して聞き、合わせられるようにする


    3は、複合的なスキルが必要です。
    単に聞き取れればそれはそれでよいのですが、文法スキルが高いと聞きながら瞬間的に判断できるようになります。
    例えば何らかの名詞の最後の「s」が聞き取れなくても、次に「are」が着ていれば複数形しかあり得ない、という具合です。

    ディクテーションと文法練習を組み合わせると、より正確に早くリスニングが身に付けられます。

    文法用の実績のある教材も多く出ていますので、ご参考になさっていただければ幸いです。



    【販売終了】◆Simple English + 54分間英文法習得プログラム


    小学生英語(英文法講座)インターネット授業・スタディ館の無制限学習シリーズ!自宅で一流講師陣の授業を無制限受講可能!多くの人が成績アップ実現!問題演習も豊富!




    ディクテーションの効果は、初めは現れません。
    本気で毎日やっても、2週間くらいかかります。
    それまでの間は、なかなか思うようにいかずまどろっこしい時期が続きますが、心が折れないようにすることが大切です。

    2週間を超えたくらいから、「聞く」が「読む」に近い感覚になってきます。
    そのことを予め認識しておけば心がなえる可能性は減らせます。

    「読む」の感覚になればしめたものです。
    われわれ日本の英語教育を受けた日本人は、英文を読むことに慣れているため、「読む」と同じ脳の使い方ができるようになれば理解が早いのです。

    もちろん、読む能力は別に鍛えなければなりませんので、それはそれで別の問題集を用いましょう。
    参考として、楽天市場で取り扱われているリーディングの問題集を提示させていただきます。




    ☆☆☆ランキング加盟中☆☆☆
        にほんブログ村 英語ブログへ



    TOEIC PART4も、PART3と同じく練習を開始しました。

    やはり慣らし運転はディクテーションです。
    PART4はPART3より長いため、集中力を要します。

    PART4は一人の人間が話す内容となっているため、シャドーイングがしやすいです。
    今回はシャドーイングも一緒に行いました。
    TOEFLの練習をやっていたので、TOEICであればかなり楽についていくことができます。

    実は最近はTOEICの練習に対してもスピーキングの有効性が説かれています。
    例えば、以下の商品は今非常に売れているものの一つです。
    話せれば、聞くことは必ずできます。18段階に分けて習得度を可視化することができ、計画的に勉強できるのが特徴です。時間が無い方ほど有効です。しかも返金保証が付いています。

    英語が自由に話せるようになり、TOEIC の点が確実に上がる待望の英語習得システム(特許申請中)





    ディクテーションやシャドーイングもいつしか内容を覚えてしまうと効果が無くなります。
    問題数の多い素材が必要です。

    とても有名ですが、以下の教材は楽天市場のランキングで1位になった信頼性の高いものです。
    問題数もとても多く、そしてこちらも返金保証がついています。

    ただ解くだけのTOEIC教材






    ☆☆☆ランキング加盟中☆☆☆
        にほんブログ村 英語ブログへ



    TOEIC PART4は、PART3ととても良く似ています。対処法も勉強法も基本的には同じです。

    ところが、英語の勉強仲間の中でも、PART3とPART4とで得意不得意が結構分かれることが多いのです。
    正確に申しますと、PART3が得意な人はPART4が少し苦手で、逆にPART4が得意な人はPART3がやりにくいと感じることがあります。
    もちろん、どちらも同じように解けるほどのレベルに達すれば全く問題ありませんが。

    私はPART4の方が得意です。いまではPART3も4も同じ程度答えられますが、先に回答率が上がったのはPART4でした。
    PART4の方が長いのに、なぜこちらの方が得意な人がいるのか、分析させていただきます。

    英文の長さ以外のPART3と4の違いは端的には1つしかありません。

    「PART3は2人が会話する、PART4は1人が話す(アナウンスや周知、公演等)」

    そしてこれが得意不得意を明確に分けます。

    それは、その人の脳の構造に理由があります。

    自分のことを申しますと、私は大人数で話す場面がとても苦手です。大人数でのディスカッションや飲み会に出席すると、誰が何を言っているかわからなくなってしまうことがあります。
    詳しいことは専門のサイトに任せますが、アスペルガー障害の傾向がある人(健常者の領域でも)などは、おそらくPART3とPART4を比較したとき、PART4の方が良いと感じる可能性があります。
    私は自分が話す時も、プレゼンや説明等、一方的に話す方が心理的にも安定し、頭を働かせながら流暢に話すことができます。一方、会話をするときはとても緊張し、心配になってきます。

    逆に、とても社交的で、大人数で行動する方が得意な方は、PART3の点数の伸びが良いと考えられます。
    司会進行役を務めたり、会議でまとめやくを買う方などが該当します。

    最終的に目指すところはPART3も4も高いスコアを取ることですが、勉強を始めた段階では、まず点を伸ばしやすいところはどこかを考えると良いです。
    スコアが早めに上がると、モチベーションが保てます。モチベーションがある内に高スコアを出すことができれば後が楽になります。

    これからTOEICの勉強を始められる方、PART3と4を区別なく勉強されている方は、いったん的を絞ってみてはいかがでしょうか。


    ある程度PART3、4のレベルが均一になってきたところで、数の練習をこなす必要があります。



    数の練習は問題集でも十分可能ですが、試験前の追い込み練習にとても良い教材がありますので、あわせて記載させていただきます。

    3000問題よりランダムに配信されるオンラインTOEIC模試です。





    模擬試験の問題集は値段が高い上、一回使ってしまうと、もう本番用の練習にはなりません。一方、この教材は非常に問題数が多い上、価格も問題集と同じ程度で、しかも買いに行く必要がありません。ご参考にいただけると幸いです。



    ☆☆☆ランキング加盟中☆☆☆
        にほんブログ村 英語ブログへ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。