サラリーマンでありながら海外留学を目指す自身の英語勉強の過程を記したブログです。努力と根性の勉強2か月でTOEICスコア530→800超え(830)。働きながら英語(TOEIC/TOEFL)を勉強する方々のお役にたてれば幸いです。なお、記事中の試験に関する情報は、記事の記載日時時点のものとなりますのでご了承ください。


    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。



    ☆☆☆ランキング加盟中☆☆☆
        にほんブログ村 英語ブログへ



    TOEFLのスピーキングは全部で6問出題されます。
    初めの2問は画面に質問が示され、それに対して答える形式です。インデペンデントタスクと呼ばれます。
    残りの4問は与えられた文章を読み、会話または講義を聴いた後で回答する形式、または講義のみを聞いて回答する形式です。インテグレイテッドタスクと呼ばれます。

    それぞれの問題で特徴が異なるため、便宜上本ブログでは1問目から順に「TYPE1~6」と名付けます。


    TYPE2は、題材となる問題が画面に提示されます。
    クローズドクエスチョン(A or B、Agree or Disagree等で答えが絞られる質問)形式であり、例えば以下のようなものがあります。


    ・Would you prefer to wake up early or later? Which type of life style do you think is better and why.
    (早く起きるのことが好きですか、それとも遅く起きる方が好きですか。理由とともに答えてください)

    ・Some people like to study from books. Others prefer to learn from experience. Which type of study do you think is better and why.
    (ある人は本から学ぶことを好み、またある人は経験から学ぶことを良しとする。あなたはどちらが良いと思いますか。理由とともに答えてください)

    ・Children should not spend too much time watching TV. Do you agree or disagree this statement and explain the reason.
    (子供はテレビを見ることに時間を使い過ぎるべきではないという意見に対し、あなたは賛成か反対か。理由とともに答えてください)


    これに対し、TYPE1と同じく、15秒間の準備時間が与えられ、45秒間のスピーチを行います。スピーチはマイクを通して録音され、後日採点官が評価します。


    全てのスピーキングの採点は以下の観点に基づいて行われます。
    1から順に採点の優先度が高いとされています。

    1.スピード、流暢さ
    2.発音
    3.話の内容、論理展開

    方向性としては、内容をしっかりすることよりも、時間いっぱい止まらずに正しい発音で話すことを重視して練習を行う必要があります。
    それぞれについて、スピーキングの記事で記載させていただきます。
    関連記事



    ☆☆☆ランキング加盟中☆☆☆
        にほんブログ村 英語ブログへ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。