サラリーマンでありながら海外留学を目指す自身の英語勉強の過程を記したブログです。努力と根性の勉強2か月でTOEICスコア530→800超え(830)。働きながら英語(TOEIC/TOEFL)を勉強する方々のお役にたてれば幸いです。なお、記事中の試験に関する情報は、記事の記載日時時点のものとなりますのでご了承ください。


    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。



    ☆☆☆ランキング加盟中☆☆☆
        にほんブログ村 英語ブログへ



    TOEFLスピーキングTYPE3は、大学内での出来事に関わる文章を読み、それに対する2人(男性1人、女性1人)の会話を聞き、問題に答える形式の問です。リスニングとスピーキングの2つのスキルを要するINTEGRATED問題となります。

    45秒間で文章を読み、その後すぐに会話が始まります。この際、文章は画面から消えます。
    会話は1-2分程度のものとなります。
    会話終了後、問題文が提示されます。問題は以下の2点を合わせて問われます。

    1.男性側の意見/主張 or 女性側の意見/主張 のどちらかについて答える
    2.1は賛成であるのか、反対であるのかを理由とともに答える

    会話終了後、45秒間の準備時間があり、60秒間で回答します。TYPE1、2よりも回答時間が長いため、時間を埋める訓練が必要となります。


    解き進め方のアプローチはいくつも考えられますが、まずは1つを定めて訓練を行います。


    1.文章を読む時間にメモを取る
    読むだけで要点を記憶できるほどのスキルをお持ちの方は問題ないのですが、そうでない場合は要点をメモします。英語の文章は結論、主張を始めに記述するので、タイトルと始めの1~2文をメモできれば回答時に使用できます。

    2.会話は必ず男性、女性両方とも取る
    最後に問題文が提示されるまで男性の意見について答えるのか、女性の意見について答えるのかがわからないようになっています。リスニングのメモ取りの要領で男女両方ともメモを取っておく必要があります。

    3.会話量の多い方の意見について答える場合が多いことを認識しておく
    大抵の場合、男女どちらかが多く話をしています。例えば、男性が文章に対してネガティブな発言をした後、女性側が賛成である旨を表明し、かつ根拠となる理由を2つ3つと話す場合があります。100%とは言い切れませんが、会話が多い方に当たりをつけ、気持ちを作っておくと回答作成が早まります。

    4.回答の構成をあらかじめ決め、覚えておく
    文章や会話の内容は毎回異なりますが、それに合わせて回答の構成まで毎回ゼロから考えるのは効率が良くありません。最低でも以下のような枠組みは決めておき、順に回答します。
    (1)大学のキャンパスにおける出来事であること
    (2)大学は文章で以って~を示していること
    (3)男性/女性は文章に対して賛成/反対していること
    (4)賛成/反対の理由

    以降、個別記事で、それぞれの回答について記載させていただきます。
    関連記事



    ☆☆☆ランキング加盟中☆☆☆
        にほんブログ村 英語ブログへ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。