サラリーマンでありながら海外留学を目指す自身の英語勉強の過程を記したブログです。努力と根性の勉強2か月でTOEICスコア530→800超え(830)。働きながら英語(TOEIC/TOEFL)を勉強する方々のお役にたてれば幸いです。なお、記事中の試験に関する情報は、記事の記載日時時点のものとなりますのでご了承ください。


    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。



    ☆☆☆ランキング加盟中☆☆☆
        にほんブログ村 英語ブログへ



    TOEFLスピーキング TYPE5は、大学のキャンパスにおける2人(男性1人、女性1人)の会話を聞き、回答する形式の問題です。
    2人は何らかの問題についての解決策を検討しています。まず問題と解決策が何であるかを答え、さらにどちらの解決策を支持するかを理由とともに答えます。

    会話は1-2分程度ですが、準備時間が20秒しかありません。回答時間は他のINTEGRATEDタスクと同じ60秒間となります。


    準備時間が非常に短いため、会話中に回答を考え始める必要があります。
    そのため、本問題では以下のアプローチを取っています。

    1.「何が問題であるか」を割り出すことに集中する
    2.解決策の1つ目と2つ目を聞くことに集中する。会話の前半に出てくることも多い
    3.1と2が終わったら、会話を聞くことを中止し、回答の作成に入る
    4.回答もあらかじめ枠組みを決めておき、作成する。パターンはいくつもありますが、典型的には以下の通り。
    (1)これは男性側/女性側の~の問題に関するものである。
    (2)選択肢は~個あり、それぞれの内容は~である。
    (3)私は~の選択肢が良いと考える(男性/女性は~を選択すべきと考える)
    (4)(3)の理由は~である


    以降、個別記事で、それぞれの回答について記載させていただきます。
    関連記事



    ☆☆☆ランキング加盟中☆☆☆
        にほんブログ村 英語ブログへ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。