サラリーマンでありながら海外留学を目指す自身の英語勉強の過程を記したブログです。努力と根性の勉強2か月でTOEICスコア530→800超え(830)。働きながら英語(TOEIC/TOEFL)を勉強する方々のお役にたてれば幸いです。なお、記事中の試験に関する情報は、記事の記載日時時点のものとなりますのでご了承ください。


    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。



    ☆☆☆ランキング加盟中☆☆☆
        にほんブログ村 英語ブログへ



    履歴書や、会社内の申告用紙/公募用紙にTOEICのスコアを記述する場合、いつのスコアを記載するべきか悩むことがあります。特に、有効期限が無いかどうかが気になります。

    実はTOEICスコアの有効期限はありません。

    有効期限は2年という話を時々耳にしますが、2年なのは公式認定証の再発行期限です。スコアではありません。
    公式サイトでもスコアの有効期限は無い旨を表明されています。

    TOEIC公式サイト スコア有効期限について

    一方で、スコアに有効期限が無いことは履歴書や申告用紙を見る側も知っていると考えられます。
    従いまして、スコアについては取得年月(公式サイトによるとスコア取得日は当該試験の受験日)を併記すると誤解を防げると思います。たとえスコアが900でも、それが5年前に単に点取り目的の勉強で取得したものであり、その後全く英語に触れていなければ現状とのギャップが大きく、かえって後で立場を悪くしかねません。

    機関や会社によって独自に取得年月を書く欄を設けている場合や、過去2年間に取得したスコアを有効と擦る場合などもあります。
    関連記事



    ☆☆☆ランキング加盟中☆☆☆
        にほんブログ村 英語ブログへ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。