サラリーマンでありながら海外留学を目指す自身の英語勉強の過程を記したブログです。努力と根性の勉強2か月でTOEICスコア530→800超え(830)。働きながら英語(TOEIC/TOEFL)を勉強する方々のお役にたてれば幸いです。なお、記事中の試験に関する情報は、記事の記載日時時点のものとなりますのでご了承ください。


    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。



    ☆☆☆ランキング加盟中☆☆☆
        にほんブログ村 英語ブログへ



    TOEIC PART4は長め(1-2分程度)の英文が読み上げられるのを聞き取り、設問に答えます。PART3との違いは、会話ではなく1人によるアナウンスであること、英文が読まれる時間が長いことがありますが、問題の解き方、練習の仕方は基本的にはPART3と変わりません。以下、記述内容の大半をPART3の内容から引用します。一部PART4で特筆すべき事項があれば追記しています。


    PART4も、1つの英文に対し、3問の問題が出題されます。
    英文が読み終えられた後、一定時間経つと次の英文の読み上げが始まってしまいます。
    メモは禁止されているので、時間オーバーで次に進んでしまったが場合、実質的にはもう回答できません。

    解き方はいくつも考えられますが、最終的に目指すところは「聞きながら問題を解く」ことです。
    英文の読み上げが終わったときには、問題の回答も終えている状態です。PART3よりも問題文が読まれる時間が長いため、答えの根拠を推測できる部分が多く、考える時間も長いので、実はPART3よりも解きやすいのです。長い=難しいということではありません。
    そして、本来回答に使うはずの時間で次の問題を先読みします。このパターンとペースが保てていれば、高得点にたどり着けます(これができるレベルになっていれば、かなり英語のリスニングの力がありますので)。PART4は早めに解き終えられれば先読み時間がPART3よりも長くなります。

    PART4でリスニングを聞きながら回答できるようになるため、練習では以下の点を心に留めておきます。


    1.問題はほとんどの場合、英文の中で読み上げられる順になっている
    つまり、1つ目の問題は英文の読み上げが始まったらすぐに回答できる可能性があるので、出だし部分に気をつけておく必要があります。逆に3問目が答えられたのに2問目がわからない場合、聞き逃してしまっている可能性が高いので、ランダムマークをして次の問題に進む準備をしてしまう手があります。

    2.よほどのリスニング力が無い限り、問題の先読みは必須である
    リスニングが始まってから問題を読み始め、聞きながら答えられる方は最早当サイトなどご覧いただく必要はありません。お役には立てません。
    仮に余裕で回答できるスキルをお持ちの方でも、先読みを行って損はありません。ただし、PART3とは違い、先読み方法は一つしかありません。最も長いPART1のDirectionの時間をPART3に当ててしまうため、PART4の先読みはPART4のDirectionの時にしか行えません。大した時間が無いため、せいぜい10問程度の先読みとなります。それ以降を先読みするには、どうしても問題を聞きながら回答できる必要があります。

    3.聞きながら考えることは高度なテクニックであり専門の練習が必要
    PART3と同じく、単に回答練習を行っていても、いつかは聞きながら答えられるようになるかもしれませんが、時間がかかりすぎます。
    聞きながら、問題を読み、考えて、回答するというのは、脳の中で複数の思考を同時平行させる高度な技術です。母国語では何気なく行っていますが、それは10年以上も毎日使っているからこそできるのです。
    少し突飛に聞こえるかもしれませんが、TOEFLで一般的に行われているメモ取りの練習が効果的です。正確には、メモ取りができるようになるまでの段階的な練習がTOEFLにはありますので、それを行います。
    まずは音読です。リスニングで読まれる速度と同じ速度で読めるまで練習します。そうしないと、音読と同じスピードで脳が反応、思考できないのです。次にシャドウイングです。本当は発音矯正を行わないと悪い発音が身についてしまうリスクがシャドウイングにはありますが、今回は聞く→文字を思い浮かべる→話すという一連の平行思考を練習するためのものなので、一旦リスクは無視します。最後に、メモ取りを行います。実はメモを取るということは、聞く→文字を思い起こす→書くという動作が必要です。やってみるとわかりやすいのですが、書いている間にリスニングが進んでしまい、話がわからなくなります。書きながら聞けるという技術が身に付くということは、聞きながら問題を考えるのとほぼ同じです。


    あとは、とにかく数をこなします。PART3と4の練習は同じです。むしろ分けて考えなくても良いのではないかと思います。
    1ヶ月もあれば400/495は取れると思います。

    数の練習は問題集でも十分可能ですが、試験前の追い込み練習にとても良い教材がありますので、あわせて記載させていただきます。

    3000問題よりランダムに配信されるオンラインTOEIC模試です。





    模擬試験の問題集は値段が高い上、一回使ってしまうと、もう本番用の練習にはなりません。一方、この教材は非常に問題数が多い上、価格も問題集と同じ程度で、しかも買いに行く必要がありません。ご参考にいただけると幸いです。

    関連記事



    ☆☆☆ランキング加盟中☆☆☆
        にほんブログ村 英語ブログへ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。