サラリーマンでありながら海外留学を目指す自身の英語勉強の過程を記したブログです。努力と根性の勉強2か月でTOEICスコア530→800超え(830)。働きながら英語(TOEIC/TOEFL)を勉強する方々のお役にたてれば幸いです。なお、記事中の試験に関する情報は、記事の記載日時時点のものとなりますのでご了承ください。


    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。



    ☆☆☆ランキング加盟中☆☆☆
        にほんブログ村 英語ブログへ



    TOEFL READINGにおいて語彙は地味ですが大切な知識のひとつです。
    日本人の大学卒業者の平均語彙数は3,700語と言われております。一方で、TOEFL READINGに必要な語彙は12,000語とされています。

    今回は、出題分野である人文科学のうち、考古学の語彙です。

    【考古学に関する語彙1】


    interval 間隔、距離
    northern 北の、北部の
    dating 年代測定
    advent 出現、到来
    suspect 疑う、怪しいと思う
    span 期間、全範囲
    overlap 重ねる、覆う、重複
    parallel 平行の、相似する、似る
    distinct 全く別の、明確な
    inhabitant 住民、ある場所に生息する動物
    elongate 伸長する、細長い
    barrow 塚(墓)
    vessel 容器、管
    invasion 侵入、侵略
    diminish 減らす、縮小する
    stretch 引き延ばす、無理に解釈する
    idyllic 田園風の、美しい
    dweller 住人、居住者
    practice 実行、経験、慣習、専門業
    quandary 困惑、窮地、難局
    boulder 巨石、転石
    pit 穴、くぼみ
    dig 掘る
    antler シカの角
    perilous 危険な、冒険的な
    re-erected 再建された
    fellow 男、男の同業者
    spectrum スペクトル、連続した範囲
    lintels まぐさ(窓の上の横木)
    sarsen 南イギリスで発見される石の塊の総称
    piller 略奪者
    carpentry 大工職、大工工事
    taxed 負担をかける
    attract 引きつける
    untestable 検証不可能な
    neolithic 新石器時代の
    sacred 神聖な
    salisbury ジンバブエの首都
    rebuttals 反証
    tilts 傾き、傾斜、攻撃、論争
    surge 波のように押し寄せる、波打つ、渦巻く
    beneficiary 恩恵を受ける人、受益者
    decipher 解読する
    decay 腐敗する、衰える
    celts ケルト人(ブリテン島の先住民)
    gregarious 群生する、社交的な
    docile すなおな、従順な
    canny 先の読める、利口な
    enormous 巨大な、ものすごい
    関連記事



    ☆☆☆ランキング加盟中☆☆☆
        にほんブログ村 英語ブログへ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。