サラリーマンでありながら海外留学を目指す自身の英語勉強の過程を記したブログです。努力と根性の勉強2か月でTOEICスコア530→800超え(830)。働きながら英語(TOEIC/TOEFL)を勉強する方々のお役にたてれば幸いです。なお、記事中の試験に関する情報は、記事の記載日時時点のものとなりますのでご了承ください。


    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。



    ☆☆☆ランキング加盟中☆☆☆
        にほんブログ村 英語ブログへ



    TOEFLライティングINTEGRATEDでは、初めに300words程度の英文を読み、その後講義を聞いてから英文の記述(WRITING)を行います。
    講義は英文に書かれている内容についてのものとなりますので、まず初めに英文を読んだ段階でどの程度準備ができたかで後の展開の良し悪しが決まってしまいます。

    前回は制限時間内にキーワードをメモする方法について記載させていただきました。

    今回は、キーワードの探し方について、より詳しく分析します。

    ライティングINTEGRATEDの英文を読んでいると、途中に必ずと言っていいほど、「文章の展開を表す言葉」が入ってきます。具体的には、「しかしながら」を表すHowever、「一つ目は」を表すFirst、等です。
    その後に注目する必要があります。これらの言葉の後には、強調したい事柄が書かれることが多いためです。

    例えば、Introductionのパラグラフでは、まず一般的な論を書きだし、その後で「However」を使い、「実はそうではないのだ」という論法が使われることがあります。この場合、「実はそうではなく」の次に出てくる「本当はこうなのだ」が強調ポイント、つまりメイントピックとなります。

    根拠を表すパラグラフにおいても、例えばFirst,の後には、まず端的に根拠を書くのが通例です。その次のセンテンスで詳細を述べることが多いので、Firstの次に書かれている部分をメモするべきとあたりをつけることができます。

    以下、少ないですが、英文の中に出てくる文章の展開を表す言葉の例です。

    ・反意を表す言葉の例
    However
    Although
    Though
    In spite of
    Despite
    Whereas
    On the contrary

    ・順番を表す言葉の例
    First
    Second
    Finally
    First of all
    To begin with
    One is
    the other is

    ・追加を表す言葉の例
    Moreover
    Furthermore
    In addition

    ・結論を表す言葉の例
    Therefore
    As a result
    In conclusion


    もうすでに練習を積まれている方は、幅広い添削で実績のあるオンライン英語添削会社へ添削をお願いする手があります。
    仮にスクリプトを全部読みこんでじっくり書いても、正しい英文が欠けていなかった場合、本番試験では絶対に良いスコアは出せないことが考えられます。



    166円からの英語添削アイディー

    今の時代は英会話のみならず英文添削もオンラインで行えるようになっています
    会員登録は無料です。添削は一回166円で、2012/5/31までですが1,200円分は無料とのことです。
    関連記事



    ☆☆☆ランキング加盟中☆☆☆
        にほんブログ村 英語ブログへ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。