サラリーマンでありながら海外留学を目指す自身の英語勉強の過程を記したブログです。努力と根性の勉強2か月でTOEICスコア530→800超え(830)。働きながら英語(TOEIC/TOEFL)を勉強する方々のお役にたてれば幸いです。なお、記事中の試験に関する情報は、記事の記載日時時点のものとなりますのでご了承ください。


    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。



    ☆☆☆ランキング加盟中☆☆☆
        にほんブログ村 英語ブログへ



    TOEIC PART3で高い得点を得るためには、英文を聞き取りながら並行して問題が答えられるようにしていくことを目指します。必ずしもこうしなくても高い点を取る方法はあるとは思いますが、PART3は一定時間が経つと(それも短い時間で)次の問題の英文が読まれ始まってしまうため、時間に余裕を持たせながら問題を説く必要があります。従いまして、英文を聞きながら問題を解き、英文が読み終えられてから本来しばらく問題を解くのに与えられている時間を見直し、または次の問題文の先読みに用いることが理想となります。

    これは、PART4でも全く同じです。

    では、そのためのアプローチについて、私が取らせていただいた方法をここに記載させていただきます。

    私が実行したのは、音読とディクテーションです。
    音読についてはPART3の前回の記事に書かせていただきましたので、今回はディクテーションについて述べさせていただきます。

    もともと、私はTOEICよりも遥かに難しいTOEFLのリスニング対策のためにディクテーションを行っていました。
    その結果として、TOEICのリスニングセクションのスコアが一気に400を超えるようになりました。
    私と同じアプローチを取る必要など全くありませんが、TOEICの教材を使ってのディクテーションも可能です。むしろ、TOEICの方が一回に読まれるリスニングの文章が短いため、ディクテーション練習に向いているかもしれません。

    1.まず、TOEICのPART3、4の内容が盛り込まれた問題集を用意します。もったいないので、できれば使い古したものを再利用するのが良いです。

    2.リスニング教材をPCにインストールし、反復再生できるソフトを用意します。反復再生ソフトは、以下のものがお勧めです。
    ALSONG

    3.10秒ずつくらい反復再生しながら、聞き取った英文を文字に起こします。手書きでもワープロでも構いません。


    何度も繰り返すうちに、まず聞いた英文がそのまま文字になって頭の中に浮かぶようになります。さらに続けますと、頭の中に文字を浮かべながら続きの英文を聞けるようになります。つまり、聞くと同時に別のことを考えられるようになります。これが、聞きながら問題を解くための基礎となります。


    ディクテーションが進んできたら、数の練習に入ります。


    数の練習は問題集でも十分可能ですが、試験前の追い込み練習にとても良い教材がありますので、あわせて記載させていただきます。

    3000問題よりランダムに配信されるオンラインTOEIC模試です。





    模擬試験の問題集は値段が高い上、一回使ってしまうと、もう本番用の練習にはなりません。一方、この教材は非常に問題数が多い上、価格も問題集と同じ程度で、しかも買いに行く必要がありません。ご参考にいただけると幸いです。
    関連記事



    ☆☆☆ランキング加盟中☆☆☆
        にほんブログ村 英語ブログへ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。