サラリーマンでありながら海外留学を目指す自身の英語勉強の過程を記したブログです。努力と根性の勉強2か月でTOEICスコア530→800超え(830)。働きながら英語(TOEIC/TOEFL)を勉強する方々のお役にたてれば幸いです。なお、記事中の試験に関する情報は、記事の記載日時時点のものとなりますのでご了承ください。


    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。



    ☆☆☆ランキング加盟中☆☆☆
        にほんブログ村 英語ブログへ



    TOEFLスピーキング TYPE2は、クローズドクエスチョン(AかBか、またはAに合意するか合意しないか)が提示され、それに対する自分の選択と理由を答える問題です。

    典型的なパターンとして、以下のようなものがあります。

    Some people like to get up early. Others like to get up later. Which time do you think is better for you to get up and why?

    問題の意味は、「あなたは朝早く起きるのと、遅くに起きるのとで、どちらが良いと思いますか。理由とともに回答を教えてください」です。


    15秒間で回答内容を考え、45秒の間、回答を行います。
    考える時間はわずかしかありませんので、予め回答する文章のパターンを覚えておく必要があります。

    まず、「どのように話し始めるか」から考えます。

    話の切り出し方は、まず以下の2通りが考えられます。

    1.いきなり結論を話し、それから支持根拠を答える。
    2.まず問題の前提条件を明らかにし、それから結論→支持根拠の順で話す。


    1は、典型的なパターンで、全く問題なく回答できるものと思えます。一方、結論を言った後の支持理由を多く多く話さないと時間が余ってしまい大きな減点となるリスクがあります。

    2は、やや回りくどい印象はありますが、時間が余るリスクを低減できます。「前提条件を明らかにする」という表現は抽象的なので、少し具体化しますと、「まず、この問題では何を問われているのか」を明らかにするという意味です。会社等で書類を書くときも「はじめに」という項目を設け、何について、誰から誰に対して、何の目的でメッセージを伝えるのかを明らかにするのと同じです。


    1の場合、まず「I think getting up early is better because~」や「I would like to choose getting up early because~」という出だしになります。becauseの後を40秒くらい用意する必要があります。簡潔で伝わりやすいのは確かです。英語で話し慣れている場合はこちらを使った方が良いと考えられます。

    2の場合、まず「I am asked about when I would like to get up.」や「This question is about when~」という出だしを用いて、「この問題では、いつ起床することを私は好むか、を問われている」という前提を明らかにする文言を入れます。聞き手にとっても分かりやすいですし、5~7秒くらい稼げます。その後で、「I like to get up early because~」と回答を始めても良いですし、もっと時間を稼ぐのであれば、「One choice is getting up early」と挟み、少し冗長ですが「選択の一つは「早起きすること」だ」としてより前提を詳しく述べることもできます。こうすることで、大体15~20秒程度を出だし部分で話せるので、理由を話す部分を減らせます。理由部分は最も自分で考えなければならない部分であり、それは最も時間を余らせてしまうリスクを抱えている部分でもありますので、できるだけ減らす方が得策です。

    TOEFLスピーキングの1問目、2問目は、オンラインのスクールでも非常に勉強しやすいです。
    昔一緒にMBA向けスクールに通っていた同期が以下のサイトで練習していましたので提示させていただきます。

    スカイプオンライン英会話【アイビーエル】





    持ち込み教材が認められているので、1問目の回答を自分で作り、内容と発音があっているかを見てもらえます。本格的なレベルの講義である上、無料体験も可能なので、ぜひご参照ください。


    また、TOEFLのスピーキング試験の3大採点基準には、「発音」があります。
    採点官は、受験者がマイクを通して話した内容の録音を聞いて採点します。

    つまり、「発音が悪いとそもその何を言っているかがわからない」のです。さらに、日本人に対して「発音」を正確に教えられる方も限られています。


    一方、最近は、遠方の方、時間の無い方向けにオンライン教材が増え、洗練されてきています。
    できるだけ安く、かつ効果が高いと想定される教材がありましたので、ご検討用に提示させていただきます。
    センセーショナルなデザインサイトが多いですが、よくお読みになり「ご自分にとってプラスかどうか」をご検討いただけると幸いです。


    英語発音塾-60日ネイティブ発音習得プログラム(self-study-ver.)


    スコットペリー先生の発音大学2011(東京会場)


    英語発音塾-60日ネイティブ発音習得プログラム


    スコット先生の発音大学DVD3枚組みと7シークレットのテキストのセット


    毎日10分の簡単なトレーニングで60日でネイティブに通じるきれいな英語の発音が身につく方法
    関連記事



    ☆☆☆ランキング加盟中☆☆☆
        にほんブログ村 英語ブログへ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。