サラリーマンでありながら海外留学を目指す自身の英語勉強の過程を記したブログです。努力と根性の勉強2か月でTOEICスコア530→800超え(830)。働きながら英語(TOEIC/TOEFL)を勉強する方々のお役にたてれば幸いです。なお、記事中の試験に関する情報は、記事の記載日時時点のものとなりますのでご了承ください。


    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。



    ☆☆☆ランキング加盟中☆☆☆
        にほんブログ村 英語ブログへ



    TOEFL READINGにおいて語彙は地味ですが大切な知識のひとつです。
    最終的な差は語彙に出るとも聞きますし、何より知っていて悪いことなど一つもないです。
    TOEFLの語彙は12,000語、そしてアメリカの知識階級の語彙は50,000語と言われています。

    今回の分野は生命科学のうち動物学です。
    動物学は割と良く出題されます。アメリカでメジャーな動物の話のほか、ミーアキャット、ラクーンなどが良く出ます。


    【動物学に関する語彙1】


    constitutional 合憲的な
    pay to 価値がある
    guide 指導する、手引きする
    downside 否定的側面
    mystified 迷わす、惑わす
    film 撮影する
    sad 悲しそうな
    lean (+forwardで)前かがみに
    flip さっと動かす
    tonal 調子の、音色の
    courtship 求愛、求婚
    adjacent 隣接した、近接した
    ridge 隆起線
    hollow 中空の、虚ろな
    shaft 羽軸、心棒
    rub こする、こすり合わせる
    flap 羽ばたく
    elaborate 精巧な、手の込んだ
    breed 繁殖する
    adaptation 適合、適応
    arrangement 取り決め
    関連記事



    ☆☆☆ランキング加盟中☆☆☆
        にほんブログ村 英語ブログへ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。