サラリーマンでありながら海外留学を目指す自身の英語勉強の過程を記したブログです。努力と根性の勉強2か月でTOEICスコア530→800超え(830)。働きながら英語(TOEIC/TOEFL)を勉強する方々のお役にたてれば幸いです。なお、記事中の試験に関する情報は、記事の記載日時時点のものとなりますのでご了承ください。


    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。



    ☆☆☆ランキング加盟中☆☆☆
        にほんブログ村 英語ブログへ



    TOEFLのライティングは、INDEPENDENTとINTEGRATEDどちらにおいても、文章構成は大事です。

    それは、試験の採点基準として、記述されている内容が問題の主旨に合っていることに加え、理組成然した文章であることが定められているからです。

    欧米圏では、パラグラフライティングといって、文章の書き方だけをひたすら訓練する授業が高校、大学に採用されているとも聞きます(州や国ごとに多少異なりますが)。

    つまり、TOEFLの採点官側から見て、それほど文章構成は大切であるということがうかがえます。

    私の体験としては、INDEPENDENTでのお話ですが、あきらかに質問の意図から外してしまった回答を書いてしまったことがありました。一緒に受けた仲間にも確認しましたが、やはり問題を読み違えていました。ところが、なぜかgood評価が出ました。もちろん、私が読み違えたというのが間違いで、実は趣旨に沿っていたのかもしれませんが、確率から考えますと文章構成の方を評価されたのだと思います。


    文章構成の重要さを述べさせていただきましたところで、今回は文の転換を表す言葉のうち、「反意」「逆接」を表す言葉について記載させていただきます。


    INTEGRATEDで、最も使いこなせるようにするべき言葉が、この「反意」「逆接」なのです。


    理由は、与えられた英文に対し、スピーカーが反論するケースがたいへん多いからです。


    「authorはこう言っている一方、lecturerはこう反対している」というような言い回しが多数出てくることが想定されるからです。


    まず、英文のAuthorが述べている内容について、逆の内容をつなぐ場合に使う言葉です。

    1.However
    最もオーソドックスな言葉です。文頭にも文中にも使えます。butは文頭には一般的には使用しません。

    「The author asserted the benefit of ~. However, the lecturer denied it ~」

    というように使っていきます。どちらかというと文の初めの方に使ってしまいましょう。


    2.Though、Although
    同じ意味ですが、厳密にはAlthoughの方が文語的表現なので、ライティングではAlthoughを使った方が無難です。
    逆接を表す接続詞で、TOEFLのライティングではカンマと合わせて使うことが多いです。

    「The lecturer describe about disadvantage of ~, although the author of the passage asserted the benefit of ~」

    という形で使います。やり過ぎると減点されますが、英文の内容を引用できるので、word数を稼ぐことも可能です。


    3.In spite of
    これも「~にもかかわらず」という逆接の意味を持ちますが、後に続く単語は名詞である必要があります。

    「In spite of the benefit of ~, the lecturer explain that it is good for ~」

    という形で使うと、2と同じ言葉を繰り返し使わずに同じ意味が表現できます。



    続いて、「スピーカー(レクチャラー)が反論している」という意味の表現についてです。


    1.didn't agree with、disagree with
    最もオーソドックスな表現です。英文の内容について合意していない、という意味です。

    「The lecturer totally disagree with the author's opinion」

    という具合で使います。スピーカーが全面否定しているようでしたら「totally」のような強調語をアドリブで入れるとより印象が残せます。


    2.deny、reject
    かなり強い表現ですが「却下する、認めない」という意味の単語です。

    「The speaker described his opinion that denied the idea of the author」

    のように使っていきます。



    これらの方法は、大抵は市販の問題集をよく読むことで学ぶことができます。

    スクールに通うと、制限時間内に書く練習と、添削を行ってもらうことができます。

    そのほか、オンライン添削を利用する手もあります。スピーキングにおけるオンライン英会話のようなものです。

    今の時代は英会話のみならず英文添削もオンラインで行えるようになっています。
    実績が多く、格安のものが見つかりましたので、提示させていただきます。



    166円からの英語添削アイディー


    会員登録は無料です。添削は一回166円で、2012/5/31までですが1,200円分は無料とのことです。
    関連記事



    ☆☆☆ランキング加盟中☆☆☆
        にほんブログ村 英語ブログへ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。