サラリーマンでありながら海外留学を目指す自身の英語勉強の過程を記したブログです。努力と根性の勉強2か月でTOEICスコア530→800超え(830)。働きながら英語(TOEIC/TOEFL)を勉強する方々のお役にたてれば幸いです。なお、記事中の試験に関する情報は、記事の記載日時時点のものとなりますのでご了承ください。


    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。



    ☆☆☆ランキング加盟中☆☆☆
        にほんブログ村 英語ブログへ



    TOEFLスピーキング TYPE5は、2名が行う英語の会話を聞き、回答を話す形式の問題です。

    問題の内容は決まっています。
    ナレーター分とともに回答するべき問いが英語で画面に表示されます。
    回答するべき事項を日本語で並べると以下の通りです。
    これをこの順番で答えればよいことを、予め念頭においておきます。

    1.2名のうち、どちらかが問題を抱えているので、その問題の内容を答える
    2.その問題に対する解決策が2つあるので、その内容を答える
    3.2つの解決策の内、自分であればどちらを選ぶか、理由とともに答える


    敢えて先に問題の内容を書かせていただきました。
    理由は、予め答える内容と順番を意識しておかないと回答が困難なためです。


    TOEFLスピーキングの5問目は、準備時間が20秒しかありません。


    会話の内容を聞き、問題が何であるかを分析し、提示されている2つの解決策を纏め上げ、さらに自分自身の見解を答えなければならないのです。

    聞きながら考えることができる上級者を除けば、会話を聞き終わった後の20秒間だけでこれらの要素をゼロから構成するのは不可能と考えたほうが現実的です。


    なので、予め回答構成を用意しておき、「聞き取る部分を絞ります」。


    ここまでご認識をいただいた上で、考えを逆転させます。


    「問題」と「解決策」だけ聞けば良いのです。

    これだけ聞いて、あるいはメモをしたら、すぐに回答の内容を考えに移ります。
    会話は続きますが、その時間を回答を考えることにまわせるのです。


    一つの例ですが、以下のように回答文を定型化しておきます。
    (問題)の部分に会話の中で提示されている問題を入れます。
    (解決策)の部分に、会話の中で提示されている解決策を入れます。

    The man(or woman) had a problem. He(or She) considered about(問題).
    They discussed two possible solutions.
    One was (解決策1), and the other was (解決策2).
    If I were man's(or woman's) position, I would like to choose (解決策1).
    This is because ~

    自分の考えを述べる時は、基本的にはどちらの解決策を選んでも構いません。
    こじ付けでも何でも良いので、論理的な筋が通っていれば評価されます。
    理想的には、1問目で使った内容へ持っていくことができれば、無駄に別の内容を覚えて話す必要がなくなります。

    私がスクールに通っていたころの同期が以下のオンラインスクールを使って成績を上げました。
    自分で題材を用意して持ち込めるので、あらかじめ作ってみた回答を講師に聞いてもらい、ブラッシュアップしてもらうことでレベルアップできます。
    アイビーエル





    また、TOEFLでは発音もとても大切です。私もまだまだですが、スクールに通っていた頃はとても重点的に練習させられていました。特に「L」発音や「R」発音、「S」発音は日本語なまりがすごく強く出る部分ですので、良く練習していました。
    発音矯正に重点を置いているスクールもありますので、ご参考にいただけると幸いです。

    すぐに試せる無料体験レッスン×2回








    また、TOEFLのスピーキング試験の3大採点基準には、「発音」があります。
    採点官は、受験者がマイクを通して話した内容の録音を聞いて採点します。

    つまり、「発音が悪いとそもその何を言っているかがわからない」のです。さらに、日本人に対して「発音」を正確に教えられる方も限られています。


    一方、最近は、遠方の方、時間の無い方向けにオンライン教材が増え、洗練されてきています。
    できるだけ安く、かつ効果が高いと想定される教材がありましたので、ご検討用に提示させていただきます。
    センセーショナルなデザインサイトが多いですが、よくお読みになり「ご自分にとってプラスかどうか」をご検討いただけると幸いです。


    英語発音塾-60日ネイティブ発音習得プログラム(self-study-ver.)


    スコットペリー先生の発音大学2011(東京会場)


    英語発音塾-60日ネイティブ発音習得プログラム


    スコット先生の発音大学DVD3枚組みと7シークレットのテキストのセット


    毎日10分の簡単なトレーニングで60日でネイティブに通じるきれいな英語の発音が身につく方法
    関連記事



    ☆☆☆ランキング加盟中☆☆☆
        にほんブログ村 英語ブログへ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。