サラリーマンでありながら海外留学を目指す自身の英語勉強の過程を記したブログです。努力と根性の勉強2か月でTOEICスコア530→800超え(830)。働きながら英語(TOEIC/TOEFL)を勉強する方々のお役にたてれば幸いです。なお、記事中の試験に関する情報は、記事の記載日時時点のものとなりますのでご了承ください。


    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。



    ☆☆☆ランキング加盟中☆☆☆
        にほんブログ村 英語ブログへ



    TOEFLリーディングの勉強のアプローチで、結局のところ最も効果的なのは、スクールで習ったノウハウを活かして独学を継続することだと思います。

    ほとんどの場合、完全独学の人を除けば、そのつもりが無くてもそうなることが想定されます。
    (スクール在学中に目標スコアが取れれば別ですが)


    せっかく合わせ技を使うのですから、今回は、


    コストを抑えつつ効果を高くする方法について記載します。


    まず、一番手っ取り早い方法から申し上げます。


    READIGの講座に体験入学し、集中力を高めてノウハウを聞き、メモ等を取って持ち帰る


    一見、とてもセコい方法です。確かにその通りではあります。しかし、敢えて主張したのには理由があります。

    体験入学は宣伝を兼ねています。宣伝効果を出すために、効果的なポイントに絞って講義を行うことが多いのです。感覚的には、体験入学というと表面的なことだけで、大事なことは隠しているように疑ってしまいますが、実は逆です

    あとは、メモを残す、許可されていればICレコーダーで録音する、等をして、可能な限りノウハウを持ち帰ってしまいます。その後、独学の勉強スケジュールの組み立てを行うという順番です。


    次の方法は、


    短い期間だけ入学し、ノウハウを持ち帰る。


    当たり前の方法ばかりな感があり恐縮ですが、その狙い、目的を明確にしておかないと当たり前の方法でも効果が出ません。
    TOEFLのスクールは、1ヶ月単位での入学が可能なところが多いです。

    そして、前回も書きましたが、ここからがポイントです。


    スクールでもREADINGのノウハウはそれほど多く持っていない。READINGのノウハウ自体、あまり存在しない。


    つまり、講義を集中して聴き、メモと録音をしっかり行えば、あとは自身の応用努力次第なので1ヶ月も受講すれば十分なことが多いのです。
    私が昔通っていたスクールでも、READINGの出席率は時間が経つにつれて減っていきました。講師の方はとてもわかりやすい授業を行ってくれていましたが、毎度似た内容の繰り返しになってしまうのが定めなのです。


    地方にお住まいの方、あるいは入学手続き時の煩雑さや勧誘が心配な場合、通信教材を使ってしまう手があります。実際私もいくつか使ってみました。正直なところ、習いに行くのと教材を読むのとではあまり変わりありませんでした。ただし、市販教材との違いは、実際の講義で教える時の言葉、臨場感で書かれていることです。

    私が使ったことがあるもの、私の勉強仲間が使っていたものの中から、READINGの解放について詳しかった教材を以下に提示いたします。ご検討の参考にいただければ幸いです。


    「わらをもすがる」TOEFLiBTスコア劇的アップ法(ネーミングが少しあれですが。。。)


    とても安いです。10万円以上のスクールに通うことと比較検討してみてください。


    TOEFL2000単語完全習得web学習:3ヶ月講座
    ボキャブラリーに重点を置いたREADING向け講座です。何の問題集を読んでも、どのスクールに行っても簿キャブbラリーの重要性は繰り返し言われてきました。
    6ヶ月の号座もあります→TOEFL2000単語完全習得web学習:6ヶ月講座

    値段は3ヶ月で25,500円、6ヶ月で48,000円とそれなりにしますが、スクールに6ヶ月通うと数十万円になりますので、ノウハウだけが必要なREADINGはこの方が良いかもしれません。



    関連記事



    ☆☆☆ランキング加盟中☆☆☆
        にほんブログ村 英語ブログへ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。