サラリーマンでありながら海外留学を目指す自身の英語勉強の過程を記したブログです。努力と根性の勉強2か月でTOEICスコア530→800超え(830)。働きながら英語(TOEIC/TOEFL)を勉強する方々のお役にたてれば幸いです。なお、記事中の試験に関する情報は、記事の記載日時時点のものとなりますのでご了承ください。


    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。



    ☆☆☆ランキング加盟中☆☆☆
        にほんブログ村 英語ブログへ



    TOEFLリスニングの4段階目は、シャドーイングです。

    シャドーイングは、英文を聞き、そのまま同じことを自分の口で声に出して話す練習です。

    シンプルに聞こえますが、実は非常に高度な技です。

    自分が話している間も、リスニングの英文は進んでいきます。
    自分が話しているときは、自分の声が自分の耳に聞こえてしまいます。

    つまり、自分の口で話しながら、自分の声とリスニング英文の声を聞き分け、リスニング英文を聞き取り続けるという3つの動作を同時にやらなければならないのです。


    シャドーイングの練習は、断然TOEFLの過去問か公式ガイドが良いです。

    理由は、TOEFLのリスニングで聞く英文の長さ、早さ、発音を身につければ、そのままスコアにつながるからです。


    特にPBT時代の英文は短いパッセージのものもあるので、練習に適しています。
    ただし、希少価値が高く中古のみとなっており、手に入りにくいです。


    問題数は少ないですが、公式ガイドも使えます。何度か本番練習を行い、内容を覚え始めてしまったころに使う良問でしょう。

    いまなら3rd Editionと4th Editionの両方が流通しています。3rdが廃番になる前に買っておきましょう。上が3rd、下が4thです。





    シャドーイングを行う時、もし英文が早すぎる場合には、ALSONGの語学機能でスピードを落として再生すると良いです。
    関連記事



    ☆☆☆ランキング加盟中☆☆☆
        にほんブログ村 英語ブログへ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。