サラリーマンでありながら海外留学を目指す自身の英語勉強の過程を記したブログです。努力と根性の勉強2か月でTOEICスコア530→800超え(830)。働きながら英語(TOEIC/TOEFL)を勉強する方々のお役にたてれば幸いです。なお、記事中の試験に関する情報は、記事の記載日時時点のものとなりますのでご了承ください。


    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。



    ☆☆☆ランキング加盟中☆☆☆
        にほんブログ村 英語ブログへ



    TOEIC PART4も、PART3と同じく練習を開始しました。

    やはり慣らし運転はディクテーションです。
    PART4はPART3より長いため、集中力を要します。

    PART4は一人の人間が話す内容となっているため、シャドーイングがしやすいです。
    今回はシャドーイングも一緒に行いました。
    TOEFLの練習をやっていたので、TOEICであればかなり楽についていくことができます。

    実は最近はTOEICの練習に対してもスピーキングの有効性が説かれています。
    例えば、以下の商品は今非常に売れているものの一つです。
    話せれば、聞くことは必ずできます。18段階に分けて習得度を可視化することができ、計画的に勉強できるのが特徴です。時間が無い方ほど有効です。しかも返金保証が付いています。

    英語が自由に話せるようになり、TOEIC の点が確実に上がる待望の英語習得システム(特許申請中)





    ディクテーションやシャドーイングもいつしか内容を覚えてしまうと効果が無くなります。
    問題数の多い素材が必要です。

    とても有名ですが、以下の教材は楽天市場のランキングで1位になった信頼性の高いものです。
    問題数もとても多く、そしてこちらも返金保証がついています。

    ただ解くだけのTOEIC教材



    関連記事



    ☆☆☆ランキング加盟中☆☆☆
        にほんブログ村 英語ブログへ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。