サラリーマンでありながら海外留学を目指す自身の英語勉強の過程を記したブログです。努力と根性の勉強2か月でTOEICスコア530→800超え(830)。働きながら英語(TOEIC/TOEFL)を勉強する方々のお役にたてれば幸いです。なお、記事中の試験に関する情報は、記事の記載日時時点のものとなりますのでご了承ください。


    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。



    ☆☆☆ランキング加盟中☆☆☆
        にほんブログ村 英語ブログへ



    TOEIC PART7を難関から得点源へと変えていくための練習、第三弾です。

    以下の2点を頭に入れた上で、実際に体に染み込ませるため、そして時間内に解き終えられるだけの練習を行っていきます。


    1. パラグラフライティングセオリーに則り、以下の順序で書かれていること。
    ・導入
    ・結論/主張
    ・結論/主張の根拠(1つから3つ程度)
    ・再度結論/主張

    2.問題は文章に書かれている順番で出てくる確率が高いこと。


    PART7は、まとまった時間が無くても練習可能なパートです。
    紙、ペン、問題集、時計さえ持っていれば、どこでも練習できます。

    練習のルールはシンプルに以下のみを定めます。

    1. 1問1分以内
    2. 一つの文章とそれに関連する問題数問をワンセットとする

    裏づけを述べます。
    PART7は45問程度です。リーディングセクションは75分間なので、1問1分で解くことで、PART5、6に30分割り当てることができるようになります。理想は40分間でPART7を解き終えることです。
    そして、パラグラフライティングセオリーと、出題順序の法則を見につけるためには、一つの文章についての問題(通常3~5問)を一息で解き終えられなければなりません。

    一つの文章に対し3問であれば3分以内、5問であれば5分以内に解けるようにさえなれば、論理的には45分でPART7を終えられます。

    つまり、練習は5分あればワンセット、全てを網羅しきった形で実施可能です。

    実際小生は、会社に着いて10分で2セット、昼休み1セット(それ以外は寝ています)、平日は家で3セット、休日はPART7を通しで練習していました。本当にこれだけで十分万点が取れるようになります。


    セオリーを見につけた上での反復練習には、たくさんの問題が必要です。
    PART7の大量練習に特化した問題集がありますので、ご参照ください。




    2008年の発売以降、未だに全く売れ行きが衰えないマスターピースの専門ノウハウ集です。実際、会社でも使っている人は多く、これからもさらに流行りそうです。ロングセラーは、多くの場合はブレることのない原理原則を的確に示しています。

    「反則スレスレ」新TOEICスコア150UP法
    関連記事



    ☆☆☆ランキング加盟中☆☆☆
        にほんブログ村 英語ブログへ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。