サラリーマンでありながら海外留学を目指す自身の英語勉強の過程を記したブログです。努力と根性の勉強2か月でTOEICスコア530→800超え(830)。働きながら英語(TOEIC/TOEFL)を勉強する方々のお役にたてれば幸いです。なお、記事中の試験に関する情報は、記事の記載日時時点のものとなりますのでご了承ください。


    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。



    ☆☆☆ランキング加盟中☆☆☆
        にほんブログ村 英語ブログへ



    2013/7/21に向け、特訓中です。

    今日はPART7の練習を致しました。

    PART7の練習には、イ・イクフン先生の「解きまくれ」シリーズを再度購入して挑むことにしています。
    とにかく問題量が豊富です。楽して点数を稼ごうとするスタンスとは一線を画します。

    IMG_0839.jpg

    (Amazonへリンクしています)



    今日は時間がなかったので、32問目から38問目まで「7問を7分間で解く」と設定し、時間を測った練習を実施しました。

    結果は、7問中6問の正解でした。最後の1問でミスをしたのですが、これは最後から2番目の問題でタイムロスをしてしまったためです。どこかでタイムロスをすると、後の問題の正答率も下がるという悪循環の典型です。


    以下、今回気がついた点を記述いたします。

    ・「in excess of」は「超過している」という意味
    ・「board」と「committee」は同じ「委員会」という意味。同じ文章中に言い換え単語はよく出る



    以下、業界中で評価の高い、お忙しい方向けの通信教材です。

    実は、小生はTOEICの勉強を始めた時、一番最初に以下の教材を熟読し、その通りに勉強していました。その積み重ねがあって、いまは短時間で効率的な勉強を進められるようになったのです。当初はお試しのつもりで買ってみたのですが、初期投資の大切さというものを知りました。
    仮に手探りで自分の勉強法を確立するとしたら軽く数十時間は必要です。残業代で時給換算したら10万円以上にもなるかもしれません。もちろん時間も無くなります。
    著作権の問題があるので、当然中身の開示はできませんが、弊ブログで実施している勉強法には、この教材から学んだものが多くちりばめられています。
    現在も安定して高い売り上げを誇っており、価格も8,200円(市販参考書3冊分程度)と非常にコストパフォーマンスが高いほか、ダウンロード販売なので、今この場でも買うことができます。PART7に限らず全PARTを網羅していています。
    「反則スレスレ」新TOEICスコア150UP法




    また、以下の教材も上述のものと同じくらい評判の高い品です。こちらも小生が勉強したてのころ、合わせて購入しました。2つの教材が互いに補い合う形で小生の勉強の仕方を確立してくれました。
    10カ国語を使う翻訳家の方が作成されている教材で、日本人の弱点を研究しつくした上での方法論を確立しています。価格は19,800円しますが、何十時間もの勉強時間を短縮できることを考えますと、十分天秤にのせる価値があります。オンライン物販のみなので、手元に届くまでは少し時間がかかります。

    TOEIC980点獲得!30歳からできたラクラク英語マスター法!





    ☆☆☆ランキング加盟中☆☆☆
        にほんブログ村 英語ブログへ



    2013/7/21に向け、特訓中です。

    今日はPART7の練習を致しました。

    PART7の練習には、イ・イフクン先生の「解きまくれ」シリーズを再度購入して挑むことにしています。
    とにかく問題量が豊富なので、一冊でタイムトライアル練習を10回以上実施してもお釣りが来ます。

    IMG_0839.jpg

    (Amazonへリンクしています)



    今日は20問目から31問目までがキリが良かったので、「12問を12分間で解く」と設定し、時間を測った練習を実施しました。

    結果は、12問中11問の正解でした。せっかくならば全問正解したいと感じました。

    少し難しい語彙の理解が足りていないことが原因でした。
    以下、気がついた点を記述いたします。

    ・「operation」は「動作、作業」という意味を含む



    以下、業界中で評価の高い、お忙しい方向けの通信教材です。

    実は、小生はTOEICの勉強を始めた時、一番最初に以下の教材を熟読し、その通りに勉強していました。その積み重ねがあって、いまは短時間で効率的な勉強を進められるようになったのです。当初はお試しのつもりで買ってみたのですが、初期投資の大切さというものを知りました。
    仮に手探りで自分の勉強法を確立するとしたら軽く数十時間は必要です。残業代で時給換算したら10万円以上にもなるかもしれません。もちろん時間も無くなります。
    著作権の問題があるので、当然中身の開示はできませんが、弊ブログで実施している勉強法には、この教材から学んだものが多くちりばめられています。
    現在も安定して高い売り上げを誇っており、価格も8,200円(市販参考書3冊分程度)と非常にコストパフォーマンスが高いほか、ダウンロード販売なので、今この場でも買うことができます。PART7に限らず全PARTを網羅していています。
    「反則スレスレ」新TOEICスコア150UP法




    また、以下の教材も上述のものと同じくらい評判の高い品です。こちらも小生が勉強したてのころ、合わせて購入しました。2つの教材が互いに補い合う形で小生の勉強の仕方を確立してくれました。
    10カ国語を使う翻訳家の方が作成されている教材で、日本人の弱点を研究しつくした上での方法論を確立しています。価格は19,800円しますが、何十時間もの勉強時間を短縮できることを考えますと、十分天秤にのせる価値があります。オンライン物販のみなので、手元に届くまでは少し時間がかかります。

    TOEIC980点獲得!30歳からできたラクラク英語マスター法!





    ☆☆☆ランキング加盟中☆☆☆
        にほんブログ村 英語ブログへ



    長期間更新を停止しており大変申し訳ありませんでした。

    ここ1年と数カ月の間、病気にかかったり、転勤があったり、会社の留学制度が停止になったりと、英語の勉強を続けるモチベーションを挫く出来事がたくさんあり、しばらく英語から遠ざかっていました。

    留学については、明確な目標期限は無くなってしまいましたが、「いつかは」というレベルでの自己設定になりました。

    それとはまったく別の理由で、TOEICの試験を受ける理由が再度浮上してきたので、また勉強を再開することといたしました。
    一時期は仕事以外の時間を全部英語の勉強に当てていましたが、それも1年以上前のことで、だいぶ錆びついてしまったところからのスタートとなります。

    今回は2013/7/21の試験を目標に頭と体を作っていくことにします。

    社内受験ではなく、敢えて社外受験にします。
    理由は、社内受験ですと「TOEIC IP」が採用されているためです。
    TOEIC IPは、試験内容はTOEICとほとんど変わらないのですが、平たく申しますと「社内での英語力の評価」に使うことを想定しています。そのため、社外の機関に提示してもTOEICスコアとして認められないことが多くあります。
    したがいまして、どうせ受けるのであれば一般受験である社外受験の方が良いのです(おまけに小生が所属している会社は、TOEIC受験を推奨するものの、費用補助が無いので、より社外受験の方が良いのです)。


    今日はPART7の練習を致しました。

    PART7の練習には、イ・イフクン先生の「解きまくれ」シリーズを再度購入して挑むことにしています。
    とにかく問題量が豊富なので、一冊でタイムトライアル練習を10回以上実施してもお釣りが来ます。

    IMG_0839.jpg

    (Amazonへリンクしています)



    1問目から19問目までがキリが良かったので、「19問を19分間で解く」と設定し、時間を測った練習を実施しました。PART7は早さが命です。

    結果は、19問中16問の正解でした。正直、かなり不満ですが初回なのでリハビリ中ということで自分を許します。

    語彙が減ったことが正答率低下の原因でした。以下、気になったポイントをメモ書きします。

    ・「turn over」は「離職率」という意味
    ・「adjust to」は「適応する」という意味


    以下、業界中で評価の高い、お忙しい方向けの通信教材です。

    実は、小生はTOEICの勉強を始めた時、一番最初に以下の教材を熟読し、その通りに勉強していました。その積み重ねがあって、いまは短時間で効率的な勉強を進められるようになったのです。当初はお試しのつもりで買ってみたのですが、初期投資の大切さというものを知りました。
    仮に手探りで自分の勉強法を確立するとしたら軽く数十時間は必要です。残業代で時給換算したら10万円以上にもなるかもしれません。もちろん時間も無くなります。
    著作権の問題があるので、当然中身の開示はできませんが、弊ブログで実施している勉強法には、この教材から学んだものが多くちりばめられています。
    現在も安定して高い売り上げを誇っており、価格も8,200円(市販参考書3冊分程度)と非常にコストパフォーマンスが高いほか、ダウンロード販売なので、今この場でも買うことができます。PART7に限らず全PARTを網羅していています。
    「反則スレスレ」新TOEICスコア150UP法




    また、以下の教材も上述のものと同じくらい評判の高い品です。こちらも小生が勉強したてのころ、合わせて購入しました。2つの教材が互いに補い合う形で小生の勉強の仕方を確立してくれました。
    10カ国語を使う翻訳家の方が作成されている教材で、日本人の弱点を研究しつくした上での方法論を確立しています。価格は19,800円しますが、何十時間もの勉強時間を短縮できることを考えますと、十分天秤にのせる価値があります。オンライン物販のみなので、手元に届くまでは少し時間がかかります。

    TOEIC980点獲得!30歳からできたラクラク英語マスター法!





    ☆☆☆ランキング加盟中☆☆☆
        にほんブログ村 英語ブログへ



    TOEIC PART7を得点源にするための仕上げとして、セオリーを見につけたことを前提として、短期間に量をこなすことを行います。

    試験ではどうしてもスピードが求められます。
    どんなに遅くとも1問あたり1分以内に解かないと時間内に終えられなくなります。
    セオリー通りに、脳が自動的に動くようにインプットしていく必要があります。


    実際にどのように練習を実施するか、小生が行ってきたことを以下にまとめました。
    正直申しまして、まじめにやれれば1週間で効果が出ます。思うように効果が出ない場合、前提となるセオリーが腹に落ちきっているか、再度確認してみてください。

    1.用意するもの
    ・問題量の多い問題集
    ・ペン
    ・紙
    ・時計

    2.勉強法
    (1)平日
    ・朝出社する前、または出社直後
    10分以内で10問解く。一回こっきりの勝負のつもりで行う。

    ・昼休み
    5分以内で5問解く。後は寝るなりして頭を休める。

    ・帰宅後
    10分間で10問解く。これも朝と同じく一発勝負のつもりで。

    (2)休日
    45問を45分以内で解く。できれば2セット行う。


    PART7の大量練習を行うには以下の問題集が最適ですので、ご参照ください。


    パラグラフライティングセオリーについては、中野正夫氏の指南書が詳しいですので、ご参考ください。



    2008年の発売以降、未だに全く売れ行きが衰えないマスターピースの専門ノウハウ集です。実際、会社でも使っている人は多く、これからもさらに流行りそうです。ロングセラーは、多くの場合はブレることのない原理原則を的確に示しています。

    「反則スレスレ」新TOEICスコア150UP法



    ☆☆☆ランキング加盟中☆☆☆
        にほんブログ村 英語ブログへ



    TOEIC PART7を難関から得点源へと変えていくための練習、第三弾です。

    以下の2点を頭に入れた上で、実際に体に染み込ませるため、そして時間内に解き終えられるだけの練習を行っていきます。


    1. パラグラフライティングセオリーに則り、以下の順序で書かれていること。
    ・導入
    ・結論/主張
    ・結論/主張の根拠(1つから3つ程度)
    ・再度結論/主張

    2.問題は文章に書かれている順番で出てくる確率が高いこと。


    PART7は、まとまった時間が無くても練習可能なパートです。
    紙、ペン、問題集、時計さえ持っていれば、どこでも練習できます。

    練習のルールはシンプルに以下のみを定めます。

    1. 1問1分以内
    2. 一つの文章とそれに関連する問題数問をワンセットとする

    裏づけを述べます。
    PART7は45問程度です。リーディングセクションは75分間なので、1問1分で解くことで、PART5、6に30分割り当てることができるようになります。理想は40分間でPART7を解き終えることです。
    そして、パラグラフライティングセオリーと、出題順序の法則を見につけるためには、一つの文章についての問題(通常3~5問)を一息で解き終えられなければなりません。

    一つの文章に対し3問であれば3分以内、5問であれば5分以内に解けるようにさえなれば、論理的には45分でPART7を終えられます。

    つまり、練習は5分あればワンセット、全てを網羅しきった形で実施可能です。

    実際小生は、会社に着いて10分で2セット、昼休み1セット(それ以外は寝ています)、平日は家で3セット、休日はPART7を通しで練習していました。本当にこれだけで十分万点が取れるようになります。


    セオリーを見につけた上での反復練習には、たくさんの問題が必要です。
    PART7の大量練習に特化した問題集がありますので、ご参照ください。




    2008年の発売以降、未だに全く売れ行きが衰えないマスターピースの専門ノウハウ集です。実際、会社でも使っている人は多く、これからもさらに流行りそうです。ロングセラーは、多くの場合はブレることのない原理原則を的確に示しています。

    「反則スレスレ」新TOEICスコア150UP法



    ☆☆☆ランキング加盟中☆☆☆
        にほんブログ村 英語ブログへ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。